カテゴリー「向宿の家」の記事

お試しあれ..

  お試しあれ...

二期工事が進む現場では、内装仕上のアルミ遮熱シートが張られています。

壁は鉄骨の胴縁に直接両面テープで張り付けて胴縁押さ...
天井は折板から20㎝ほど下がったところで木で下地を組みアルミ遮熱シートを張り付けて胴縁押さえ...といった具合。

建て主さんが倉庫内に入った感じは 「むぅ~っとしないね!!」 ってな感じ。

    04221
    04222
    04223

表面温度を測ってみると 天井は29.4℃

    04225
    04226
    04227

壁は2階のガルバ裏側表面で30~34℃で、アルミ遮熱シートの表面が25.6℃。 サッシのガラス表面は30.4℃...

    04228
    04229
    042210
    042211

1階の壁はガルバ裏側表面が25.8℃で、アルミ遮熱シート表面で23.6℃でした。

外壁のガルバや屋根の折板からの輻射熱が身体に届かない分は、この2~5℃の温度差以上に暑く感じないですね...

 アルミ遮熱シートのこんな使い方良いですよぉ~
まずは小さなイナバの物置なんかでお試しあれ... 抜群の効果を感じてみてください。



完了検査..

完了検査..

今日は完了検査の立ち会いのため現場へおじゃま。二期工事をひかえているため今週は立ち会いが連続ます...

    04091_1
    04092_1
    04093_1

今日の検査立ち会いは、平屋建て鉄骨造の倉庫。 少し早めに行って写真でも...と思っていたら

シャッターを開けてびっくり!! ” なんと言うことでしょう...道具と材料が土間いっぱいに広がってるではありませんか ”
検査員さんが来るまであと10分弱。 そこから急っいでお片付け開始...

    04097_1
    04098_1

二期工事がありますので材料が道具が置いてあるのはやぶさかではありませんが、倉庫全体に乱雑に広がってるのはさすがに検査する検査員さんに申し訳ないでしょう... 検査する人の身のこともちょとは気にしてくださいね監督さん..

おかげで手に合板のトゲが刺さるは、ズボンは埃だらけで真っ白けっけになるは、検査の立ち会い時にはゼ~ゼ~っしてるはでどんだ前座をやらされてしまっちまいました...

    04094_1 
    04095_1
    04096_1

今回の倉庫の横が本宅で、15年ほど前に設計したお家です。 
とってもきれいに使って暮らしていただいています... でもそろそろ外壁のメンテナンスの時期かな。

倉庫の方は来週から二期工事が始まります。なんとかお祭り前に竣工できるか...



 

建て方その後..

建て方その後...


上棟式を終えた現場では、さっそく屋根が葺かれ、サッシとシャッターが取り付き、外壁も張り始めました。 


    03261_1
    03262_1
    03263_1


    03264_1
    03265_1
    03266


順調に進むと来月初めには足場も外れそうです。 二期工事もありますがお祭りまでには竣工できそう...




・ 


 

建て方..

建て方を...

小春日和の好日に建て方をしました。

今回は構造材が 鉄 ... 久しぶりの鉄骨造です。

    03122
    03123

    03124

    03125
    03126

    03121

建て方も順調に進行終了して、夕刻には上棟式もおこなわれました。

祭祀は小生が代行して祝詞奏上を.. 小さな声で(苦笑)...

来週建て方を..

来週建て方を...

基礎工事が完了した現場へ
出来上がり寸法とアンカーセットの再確認などを少々...

    03071
    03072
    03073
    03074

さっきまで水鏡に太陽が輝いていたのに...  雨..? あられ..? ヒョウ..?

コンクリート打設後は気温も高いし雨も適度に降って養生には良かったかも..

12日に建て方します。 お天道様ごきげんよろしいように...

基礎工事..

基礎工事を...

その後の現場では基礎工事が進行中です。 先日配筋検査に行ってきました..

    02171
    02172
    02173
    02174

たまにはしっかり中まで入り込んで見てみましょうか...(笑)

    02211_2
    02212_2

アンカーセットもされベースコンクリートの打設がされました..

    02214_2
    02213_2

その後基礎梁の型枠が組まれ、コンクリートが打ち込まれています..

    02221
    02223
    02222

    02231
    02232_2

鉄骨の加工も残すところ胴縁のみとなったもようで、加工場に製品確認に行ってきました。

    02201
    02202
    02203

今ハイテンションボルトが無いそうで、建ちたくても建てれない状況なんだって.. そいういえば昨年 ”図面の確認急いでほしいって..” って言われてたっけ。 こういうことだったんですね。

今月中頃建て方予定とのこと...

立春に..

着工します...

2月4日は立春。
太陰太陽暦の新年が明け、春の季節が始る..そんな吉日から鉄骨づくりの倉庫の工事が始まりました。

    0204

まずは四方のお清めをして... 地盤改良工事がはじまります。

    02051
    02052

オーガーで所定の深度まで掘削..

    02053
    02054
    02055

砕石を流し込みながら転圧していく...

    02056

こうして 砕石パイル の完成となります。

柱状砕石パイル工法 と呼ばれていて
天然の砕石を柱状に詰め込みことで地盤そのものを強くする技術。 砕石はそのすき間に水が通りやすいため、地震の揺れにより上昇した水圧(水)は、砕石パイルを通じて外部に排出され、液状化の影響を抑制できる...
といったメリットがあるようです。

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ