カテゴリー「いいのやの家」の記事

大津垣..

大津垣...

先週の台風24号はものすごかったですねぇ..みなさんが、風の強さも停電の長さも「今までに経験したことがない..」って言ってましたね。最近の災害にはみんなこの言葉がついてきます。最近の気候はなんかおかしいですね...

私のところも30日の23時頃から24時間停電をしました。幸いにも水道もガスも生きていましたので、キャンプ用品を取り出..インバーター取り出し..

ランタンと燭台で灯りをとり、車のシガーソケットから電気をとりガスボイラーでお風呂もOKと電気はありませんが普段とあまり変わらない夜を過ごすことができました。とはいうものの日中は電気がないことで仕事はもちろんですが、生活には不便しました...いかに電気に頼っているのかというのがよ~くわかりました。良い経験になりました...

いいのやの家もおかげさまで台風被害もなく、続かない晴天にやきもきしながらですが造園外構工事がゆっくり進んでします。

風呂庭の垣根が始まりました。庭やさんが雨仕事に竹を加工しているようで竹筧もできていました...

    1810061

    1810062
    1810063
    1810064

風呂庭の垣根は 大津垣(おおつがき)
大津垣とは、板状にした竹を横に渡した支柱に、表裏交互に組み込んだものです。
竹の表面を「京都」となぞらえて、その裏側は「大津」。表と裏を組み合わせるということからきたと言われているそうです...

    1810065
    1810066
    1810067
    1810068

竹を半割にて、少しずつ切れ目を入れながら半丸状態から平らにのばしていくそうです。庭やさんが雨仕事に...っていってたのはこのことです。

なんかいいですね、お庭のお仕事...

造園外構工事の続き..

造園外構工事の続き...

南庭のようすももう少しご紹介。

    18191816
    18191817_2
    18191818
    181918182
    18191819

既存の擁壁に御影石を... この擁壁をどうしよう..?とあれこれ思案をしていましたが、庭屋さんが既存擁壁そのままに御影石をのせてくれた途端に解決。石の力はすごいですねぇ...

そして、車寄せ東屋の前の物置小屋の基礎ができ、ただ今石畳の野点テラスの下地が整備されています。

    18191821

頭を垂れ始めた田んぼを見渡す南庭にも景石が座りました。

    18191822
    18191824
    18191823

中央に礼拝石。
座禅して..瞑想して.. また、ここにたって庭全体を、借景の田畑や小山を見渡すのが礼拝石(らいはいせき)。

そしてその向こうに見えるのが、亀石と鶴石。
不老不死を願う道教的な思想といわれる蓬莱神仙思想から、不老不死の仙人が住む蓬莱島や長寿の象徴でもある鶴や亀をモチーフにした島で構成されるとのこと...

中央の礼拝石の右側に見えるのが頭を左に向けた亀石、左側に見えるの立石が鶴の尾羽に見立てた鶴石...

こんな感じでお庭の工事進行中です

造園外構工事その後..

造園外構工事のその後...

建物の引き渡しを終え、建て主さんが住まわれてからあっという間に2週間が過ぎました。そんな現場では造園外構工事が引き続き進行中です。

前回、風呂庭の石や灯籠、靴脱ぎ石が置かれ犬走りの石張りあたりまでご紹介しましたね..

    1819189
    18191810
    18191811
    18191812
靴脱ぎ石は、三ヶ日石と地元産(久留米木の石).. 犬走りは三ヶ日石を張り詰め...

その後のようすをもう少し

    1809181
    1819182
    1819183
    1819184
    1819185

進入路の先に門石が建ちました。 径が40~50センチ、長さが2.5メートルほどの備前六方石(ろっぽうせき)です...
溶岩が冷却するとき、5~6角形の縦方向の割れ目か生じてできたもので、日本では備前六方石と伊豆六方石があるとのことです。最近では国産はなかなか手に入らないようで中国六方石が輸入されているよう...

    18191813
    18191814
    18191815

勝手口土間の石も張り終わりました。その奥が風呂庭になります...

既存の土留め壁に石積みされてたり、砂利が敷き込まれたりとまずはたくさんの石が運び込まれています。

南庭にも景石が座りましたので続きはまた明日にでも...

午後のひととき..

見学会の午後に...

午後のひととき

居間のソファーに沈み込み

東の小窓からは空と山... 正面には広がる田園風景... 西の窓からは水面の鏡面反射する水影...

そして心地よいミュージック

    08261

    08262
    08263

    08264
    08265

    08266
    08267
    08268
工事用のドラム缶の水鏡までも思わぬ景色をつくってくれる素敵な空間...

素敵なひととき
こんな幸せな時間なかなか過ごせませんね...

見学会..

そらどまの家in井伊谷完成現場見学会が終わりました...

週末の見学会が終わりました。お越しいただきました皆さま、またお越しいただけなくても そらどまの家 に興味を持っていただきました皆さまありがとうございました。

そして、住まいづくりに..見学会に..なにかとご私どもの想いを理解をいただき、全面協力をいただきました建て主さん、ほんとうにありがとうございました。 おかげさまで そらどまの家 を皆さまに体感していただくことができました...

    08269
    082610
    082611

    082612
    082613
    082614

またこんな素敵なお住まいを皆まさにご紹介できるよう、これからも住まいづくりに真摯に取り組んでまいります...

そらどまの家in井伊谷完成現場見学会..

そらどまの家in井伊谷完成現場見学会を...

明日から いいのやの家 で完成現場見学会を開催します。

8/25(土)・26(日)を一般者向けにて、関係者向けを8/24(金)・27(月)にて予定しおりますが、もちろん24~25日の間いつお越しいただいても大丈夫です...

そらどまの家の解説は 10:30~11:30、14:00~15:00 を予定しています。

いいのやの家の見所は
・25帖の無柱空間を かぼちゃ束方形架構 でつくる平屋の住まい
・「遮熱+断熱」と二重通気層でつくる呼吸する壁と、そらどま換気システムで建物も人も健康な住まい
・冬はハニカムスクリーンで断熱、夏はブラインドシャッターで日射遮蔽する、窓を開け閉めしながらそんなひと手間掛けて、良い感じの暖涼感をつくり出す。不足の暖涼感をペレットストーブとパッシブエアコンで住環境を整える
・太陽熱温水器&ガス給湯器で賢い省エネを

いいのやの家 様子を少しだけ

    082110
    082111玄関ホール&広縁..

    082117食堂台所..

    082112浴室..

    082113
    082114寝室..

    082116
    082115居間と客間..

快適に..素敵に..住まうためのたくさんの知恵がいっぱいの家になっていますので、ぜひおこしいただき「そらどまの家」体感なさってください。

それでは台風一過の会場でお目にかかるのを楽しみにしております...

造園外構工事..

外構と造園の工事がはじまりました...

お家の外では、先週末から造園外構工事がはじまりました。

    08213_2

    08214
    08215
まずは風呂庭の景石から...

「もうチュッと高く..」とか「もっと寝かして..」 「ちょい手前..はいOK」 って..
庭屋の親方になった気分にさせてもらって上機嫌!!

そして灯籠も... お庭のお仕事は楽し~い...

    08216
    08217
    08218
    08219
つづいて、沓脱ぎ石と犬走りを...

排水枡に井筒をのせ、水栓柱の代わりに かけひ を... そして ししおどし を置くことに。 なんだかとっても楽しくなってきました!!

水琴窟 もつくっちゃおうかなぁ...

いいのやの家その後..

その後の現場では...

床の塗装がなんとか落ち着いた現場では...

    08161
    08162
最終的には建て主さんもいっしょに床の塗装をすることに... 結局すべての床を仕上げることになりました。

    08201
    08202
タタミも敷き込まれ...

    08203
    08204
ペレットストーブも運び込まれ... ペレットストーブはRIKAのREVO。

    08205
プロジェクター用の電動スクリーンも準備OK...

    08206
ブラインドシャッターも試運転を...

    08211
    08212
    08213
パッシブエアコンの試運転も完了し、建て主さんが楽しみにしているオーディオの視聴も... 

昨日は、一日かけて室内の写真撮影してきました。 とはいっても途中からオーディオの視聴会になっちゃいましたが...

外構造園の工事ははじまったばかりですが、明日からの見学会にはなんとか間に合いそうです。

蜜蝋ワックス..

最後の仕上げに...

いよいよワックス掛け..
朝一番から、古色の浮き具合を見ながら、塗り厚.. 拭き取り方.. の指導を。

まぁ、指導てなもんじゃないんだけどね...

 

    081410_2

      081411_2

     081412_2

     081413_2

ところが...

塗りむら... 刷毛むら... 汗の落下跡...などなどなんとかしてほしいということになり、いまさらおんなじ塗装屋さんにやらせるわけにもいかず..

「やってみましょうか..?」 ってなことから、古色のほしゅう塗装を手掛けることに...

    08141
    08142
    08143

    08144
    08145
    08147
    08148

昼飯も食わずに、玄関ホールから広縁、居間の床を古色塗り。 出来栄えはOKもらってひと安心..

残りはまた後日考えることに。
とんだ夏休みになってしまってま~す...

🐽

伏見で..

洗い出しと古色の塗装...

その後の現場では、玄関の床洗い出しが完了しました。 そして床の古色塗りも終わりました。さて気になる仕上がりは...

    08091
    08092
    08093
    08094

洗い出しの石は、伏見の2分に3分を10%いれて仕上げてもらいました。これから石にワックスを掛けて仕上がりです...

あッ! 靴脱ぎ石が...??

    08095
    08096
    08097
    08098
    08099

さてさてその仕上がりは..

”ちょっぴり安堵..” したのもつかの間、しっかり真っ黒になっていました(涙)。上の写真の右側が安堵した時の仕上がりで、左側が今回の仕上がり...

同じ職人さんが塗ったとはとても信じられない..ってのが感想かなぁ。  どうしてなんだろう?.. 聞いてみると

”塗装サンプルをず~っと横に置いているわけじゃないし、塗っているうちにどのくらいの濃さってのがわかんなくなっちゃう..” らしい。

なるほどね....

現場はいろんなことがありますなぁ
今日はここまで!!

より以前の記事一覧