カテゴリー「古民家再生」の記事

建具..

大工さんも工事が終わったようです...

ちょっぴりご無沙汰してしまいましたがその後のまごおりの再生現場では、大工さんの工事も終わったようで漆喰壁が仕上げられ、建具が吊り込まれてきました..

    02251_2

    02252_3

    02253_5

塗り物が仕上がり、建具が入るとぐっと雰囲気が出てきますね。
いい感じになってきましたねぇ...

    

    

    

    

    

 

続きを読む "建具.." »

丸窓..

その後の現場では...

まごおりの再生現場は、いろいろ悩んだようですが気密性や将来のメンテナンス..などなど考慮して大きな窓にアルミサッシを取り付け完了。再生前より面積が大きくなった分部屋の奥まで光が届くようになり明るくなったようです...

    01251

    01252

    01253

床の間には丸窓を... 四角い部分が大半ですので、丸い”陽”の部分を取り入れるのはいいですねぇ。
もちろん部屋が明るくなりますしね...

再生現場..

まごおりの再生現場では...

傷みがひどかった部分が撤去され、新たな増築部分の屋根が葺かれユニットバスも据えられました。 ゆっくりではありますが着実に進行中...

    12141 12142

    12143 12144

土壁が落ち竹小舞のあいだからの白熱灯の灯り..こんな眺めも現場での楽しみです(左上)  ユニットバスが据えられるとその廻りがぐっと現代に(右上)  ズレがひどかった瓦もきっちり整えられ隅棟も葺き直され(左下)  正面に増築された部分はお蔵風の納まりに(右下)

古材を使いながらの作業はほんとに手間の掛かるお仕事です。 しかしながらこうやって何十年も手を入れながら繰り返し使うことができるってのはすごいですねぇ...
この現代でそんな風に暮らし続けていけたら幸せだろうにねっ。

 

白黒..

新旧の材料が入り交じり...

腐りや虫食い箇所が補修され新しく根太組みされた現場は、新材と古材が入り交じってにぎやかな状態です。 新材の白と古材の黒で白黒状態ってとこなんですが、新旧仲良く収まって..っていう感じきらいじゃありません...

    11093 補修された外壁の板張り..

    11091 11092

そうそう.. 外壁の塗装される前のこの感じ、なんとな~く好きです...

    

再生その後..

まごおりの古民家再生その後...

2階の天井から壁の下地つくりも終え1階床組の改修に作業は移ってきました。 取り外していくと思った以上に腐食や虫食い状態がひどいところもあり、ひと手間かけなきゃならないってところも...

    11011

    11012

そんなところもこの工事ではよくあること。 でもそのことでプランが思わぬかたちで好転することも... 
今回も上履き土間が広くなりあわせて吹き抜けの位置もかわることになったわけなんだけど、開放感がより広がって良い感じになりそうな予感。 家主さんの瞬時の判断はなかなか適切そう。やりますなっ...

そんなのも再生工事の楽しみのひとつでもある..

古材を..その後

手ばらしして...

解体現場から移築する部分を手ばらしすることに.. 

   10241 なかなか手間が掛かります...

   10243 10245 据え石には墨の跡が..

   10242 なぜかとってもご機嫌なOSCMの鈴木さん..

   10246 10247

   10248 いつもでも離れようとしない家主?のクモさん...

8帖間ふたつの架構ですが仕口が複雑なところもあったりしてばらすのはたいへん時間が掛かります.. 昔の職人さんは手間をかけよくやったもんです。
この部分は移築されて、再生現場の事例として展示されることになりますのでお楽しみに...

古材を..

解体現場から古材を...

再生の事例として見ていただけるようなものを..ということで、築80年ほどの古民家の解体現場から一部を移築することに...

    10191 2間グリッドふたつを..

    10192 真っ黒い古材の中は..

全体の解体工事が終了次第、この部分をばらして作業場へ運ばれるもよう
さてさて、どんな姿に生まれ変わるか。 こうご期待です...

はじまる..

古民家の再生工事が...

先日、脇の納屋が解体され準備中だったまごおりの古民家で再生工事が始まりました。 築後120年ほどの建物らしい.. 
踏み天井を外し吹き抜けとし、2階の小屋組まで現しにしようというもの。 
まずは梁や柱のお掃除をし、古色塗料を塗り上げる。そのお仕事は家主さん、丁寧な仕上がりはさすが... 

    10181

    10182

そして大工さんが天井の板張りを...と、ただ今そんな感じで進行中。

天窓..

古民家の調査に...

明治中頃の建物らしい。旧街道沿いに間口を大きく広げ、当時は診療所を開いていたとのこと... 大きな町家のつくりは農家住宅とはちょっと違う。 お庭を取り込む間取りはやはり良い。 

    10153

    10151 10152

中廊下の天井には 天窓 が.. 窓から広角に板張りされた開口が光を引き込んでくれる。なんだかそのバランスがすごくよかった... 
すこし手を入れて、整体の診療所としてもう一度生まれ変わる予定。