カテゴリー「ながつるの家」の記事

春じゃが..

先月つくられた畑に植え込まれた”春じゃが” が発芽...

先週から始まった木塀やデッキも順調に進行中です。あわせて造園工事も景観石も据え付けられアプローチの三和土が始まります... 

南庭の畑では 先日植え付けられた 春じゃが から元気な新芽が出て来ました。畑もすご~くにぎやかになってきました...

   04121_2

   04122 04123

   04124 04125

今週末には 内覧会 を計画しています。 こちらもお楽しみに...

障子..

襖や障子が現場にやってきました...

天候にも恵まれ外構の工事も順調に進行中です。今週末からは木塀やデッキそして造園の工事が始まります... 現場では待ちに待った建具が運び込まれ吊り込まれています。

   04051 04052

   04053 04054

土佐和紙の襖やスギの紙貼り上下障子にスギ板戸と民家の工房定番の建具たちです。造り付け家具も取り付き建具の方もここ数日で所定の場所に吊り込まれる模様..

続きを読む "障子.." »

目積表..

畳の表に目積表(めせきおもて)を...

縁無し畳というと ”琉球畳” ってことが多いのかもしれませんね。 イグサが太く弾力があるということから使われることが多いようです...というのは、縁がないので表を折り込んだ時畳表のイグサの角が折れても切れにくいってことからのようです。

そんな丈夫なイグサの性質から畳の表情が少し荒いような感じがするところもあります。小さな部屋だとちょっと圧迫感を感じることをあるような... そこで登場するのが目積表の畳です。

    03311_2

通常の畳表の目が半分で折り込まれたものです。 目の細かさから表情がとてもきれいで、半畳たたみで小さな部屋に敷き込んでも空間に圧迫を感じることもないのでよろしいかと思います。  もちろん、床は稲ワラの本床でねっ... 

現場にお越しの際には、畳表のそのあたりの表情とワラ床の足触りの感触..そして香りをあわせて感じてみてください...

雨戸..

先週から始まった外構の工事も順調に進行中です。今日は車庫壁の漆喰が塗られました... しばらくは天候も良さそうですので来週中には終わりそうです。 

   03301 03302

引き続いてお庭の工事にうつりますのでそちらもまた楽しみです...

続きを読む "雨戸.." »

外構..

外構工事が始まる...

先日畑づくりが一段落した現場では外構工事が本格的に始まりました。まずは木塀の基礎となるブロック石積みから... 木塀の方は大工さんの刻みを終えただ今保護塗料の塗装中です。

   03241

   03242

   03244

   03243

内部の仕上げ工事もゆっくり進行中です.. 震災の影響で資材が入らないというお話も聞いているところですが、こちらの現場では大きな混乱もなくひと安心というところです。

土間の仕上げは 石灰のスチロごて仕上げ で三和土風な仕上がり... 来週には建具も入ってきそうですのでこちらも楽しみです...

内装の仕上げ..

足場が外れました...

車庫&門の木工事も終わり、母屋の足場が外されました。内部では天井の和紙貼りと壁シックイ下地の和紙貼りが完了したもようです... 今週は設備機器も運び込まれるとのことですのでにぎやかな現場になりそうです。

   02281 02282

   02283 02284

小間がつながる土間のある平屋建ての住まい ってのがこの現場。 スギ板で囲まれたプライベート空間と和紙と漆喰でつくられた客用空間という内装を仕上げ中です...

続きを読む "内装の仕上げ.." »

車庫と門..

車庫と門が建ち上がりました...

現場では樋工事が始まりました。内部では内装工事の事前打ち合わせを.. 来週からシックイと和紙貼りの下地の工事が始まるもようです。 先週からの刻みを終え車庫と門が建ち上がりましたのでそのあたりを少しだけ...

    02164

    02161 02162

    02163

今週末には足場も外されるようですので 外観お披露目 ということになりそうです... 車庫&門も建ち上がりましたので見ごたえが出て来ましたね..

掻き落とし一条波仕上げ..

現場では外壁の仕上げ塗りが...

大工さんは造作工事が終了し引き続き車庫の刻みに取り掛かったもよう... 現場では外壁の仕上げ工事が始まりました。今回の外壁は そとん壁の一条波仕上げ という仕上げです.. 

   02112 02111

   02113 02115

今日は掻き落としの作業にほんの少しだけ参加... 壁仕上げの様子はのちほど

続きを読む "掻き落とし一条波仕上げ.." »

古材の行方..

大工さんのお仕事もあとわずかに...

断熱材入荷後は順調に進んでいた木工事もあとわずかに.. ただ今収納や納戸の棚を制作中です。 一週間程度で完了しそう... 外部では壁下地の養生を終え来週から仕上げ塗りが始まるもようです。

   02034 02031

   02032 02033

以前のお住まいにあった 式台や上がり框、床柱に天井板などが新しい住まいに復活しました。 式台はもう一度式台として.. 客間の天井板は床の間や仏間の天井に.. 床柱は水屋の流し天板の柱として新しい住まいに移り住むこととなりました。

お母様からは 「な~にも そんな古いもんを使わんでも..」 と、この世代の方らしいお言葉もありましたが 家を受け継いでいくってところをちょっぴり取り入れるのもいいでしょう...

ながつるの家..

今週から始まった 車庫&門 の基礎工事も 立ち上がりの型枠が組まれコンクリートが打ち込まれました.. 1週間程の養生期間を経て完成となります。

   01203

   01201

   01202

内部ではスギ板張りが進行中.. 山のようにあったスギ板の材料もあとわずかになってまいりました。 今回は床・壁・天井とスギ板が張られています。  漆喰塗りの白い壁や天井とはちょっぴりイメージが違いますね.. 

赤味の多い特1材で張られていますが、節目もあまり気にならず 暖かみのある落ち着いた感じに仕上がってきています...

より以前の記事一覧