カテゴリー「つぶやき」の記事

温湿度データⅡ..

温湿度データⅡ...

もうひとつのそらどまの家..いいのやの家を。 こちらはまだ夏を過ごしていませんので今年の冬のデータを。

ありたま南町の家と同様に、今シーズンは1月10日が-2.4℃でいちばん寒い日でしたが、3日間の外気温がいちばん低かった1/26~28を採用しました。1/27の最低気温は-0.1℃で前後の日が1.4℃..という外気温です。

2019012628_4 2019012628_5

左側が室温データ、右側が湿度のデータです。

いいのやの家は、アルミ遮熱シート+セルロース断熱材120mmで、外壁と屋根ともに二重通気。可変の気密シートは張っていませんが、気密は1.0㎠/㎡です。そらどま換気システム+ペレットストーブ(暖房)&パッシブエアコン(冷暖房)という仕様です。断熱性能は、Ua値0.67(0.47)、Q値2.84(2.16)です。*( )内は遮熱と日射遮蔽を考慮した数値

外気温が下がる朝方2~3時間と、夕暮れから2~3時間ペレットストーブに火を入れて暮らしているようです。天候がよく太陽の日射を得られる時は自然室温が上がってきますが、三日目28日のように日射が得られないときは暖房器機に頼らざるを得ないところです.. パッシブエアコンは立ち上がりも早く扱いやすいという利点はありますが、入れたとたん温湿度が乱高下するところは少し違和感がありますね。

そらどま換気システムで家中の空気を動かしていますので、各部屋では一日の温度の変化が1℃程度ですし、部屋間の温度変化も1~2℃程度で家中の室温が安定しています。 いちばん温熱環境的に不利な北側で掃き出し窓のある洗濯室でも、室温は17℃を下まわることはありませんでした。この部屋の室温の変化は、外気温が3℃くらいで真夜中の室温21℃から朝方7時の室温が17.5℃ということで3.5℃の室温低下におさまっているようです..

このくらいの室温だと冷え性の方でもまったく寒さを感じないで暮らすことが可能ですね。 そらどま換気システムでは床下も室内空間としてあつかい、空気循環をしていますのでその効果は絶大です...

湿度に関しては、洗濯室を除いては各部屋でほとんど変化はありませんが、ありたま南町の家と同様に湿度が低いようです.. 床下で42%程度、居間や寝室では35~7%となっていますので、やはりもう少し湿度の調整をする必要がありますね。 可変透湿気密シートを張ればもう少し改善されていたかもしれません..調湿はこれからの大きな課題と言えます。夏にも冬にも...

夏のデータがとれましたらまたお知らせしますね。



温湿度データ..

温湿度データ...

ふたつのそらどまの家の温湿度データを整理する時間がやっととれました。 ロガーの中に入っているデータが腐っちゃわないうちになんとかひとつまとめることができて良かったよかった。

まずは、ありたま南町の家.. 二世帯のそらどまの家。 
子世帯の方はそらどま換気システム+ペレットストーブ(暖房)&エアコン(冷房)で、親世帯の方は床置きエアコン+第3種換気。 両世帯ともアルミ遮熱シート+ポリエステル断熱材100mm&可変透湿気密シート張りで、外壁と屋根共二重通気という仕様です。
窓の断熱と日射遮蔽はハニカムサーモスクリーンと通風雨戸または簾...

まずは昨年の夏、37.8℃が二日続きいちばん暑かった7/22~24の室温データ

20180722242018072224_1  

右側が親世帯で左側が子世帯。 周囲が田畑で風通しが抜群とは言うものの、さすがに38度ちかい外気温にはギブアップ... 昼間はできる限り日射遮蔽してエアコンを28℃くらいで入れてなんとか31℃前後に。 夜間は風が涼しいので窓開けで30℃を下まわり通風でしのげているようです。

2018072224_2 2018072224_3

こちらは湿度のデータ。右側の親世帯の方では、茶の間に置いたロガーの位置がキッチン腰壁の上で、良く開け閉めする窓のすぐ横でしたので、調理の水蒸気や外気の湿気とかさなって常に80%を超えているデータになっているのにびっくり...  でも生活感では脱衣室のデータ同様にまったくジメジメしたいる感じはないようです。

まだこの時期は入居したばかりで、まだ落ち着かないところでしたので、今年の夏の暮らし方でどうなるかたのしみです... 

続いては今年の冬の室温データ。

2019012628 2019012628_1

左側が子世帯、右側が親世帯の室温。 今シーズンは1月10日が-2.4℃でいちばん寒い日でしたが、3日間の外気温がいちばん低かった1/26~28を採用しました。1/27の最低気温は-0.1℃で前後の日が1.4℃..

朝方6時頃から2時間程度、夕方17時頃から2~3時間、子世帯ではペレットストーブで、親世帯では床置きエアコンで暖房しています。 朝方いちばん温度が下がる6時頃で親世帯の脱衣室でも14.7℃くらいでおさまっています。子世帯の脱衣室で温度が下がっているのは、掃き出し窓を換気のため少し開けていることもあり10℃くらいになっていることはありますが、15℃を下まわらない生活ができているようです。とくに親世帯の茶の間では、17~8℃を保っていますので、「まったく寒くなかったよ..」というのがご両親の感想でした。

2019012628_2 2019012628_3

こちらが湿度のデータになります。 親世帯ではそんなに室温を上げないことや台所食堂での調理の水蒸気もあり40%前後となっていますが、子世帯では床下でも30%前半で、居間ではほとんどの時間で30%を下まわっている状況でした。室温が高いという事もありますがさすがにのどがカラカラになるようで、加湿器を使うこともあったようです.. なんとかもう少し室温を上げずに生活することと調湿の方法を次のシーズンには考えなくてはいけませんね。

こんな風にデータを見ながら家の造りや生活のようすが見えてくるところもおもしろいところです。

そんな反省点を見ながらお家の造りをもう一度見直すことに...住まいさんが使いこなせるような装置(オペレーション)もあわせて考えてみることとしましょう。さらなるそらどまの家をめざして...



民家の工房..

民家の工房のお仕事...

写真を整理していましたので懐かしいものもふくめて少しだけ..

Photo_67 3

Photo_65 Photo_68  

2004 2008

In2008 In2012

Photo_69 Photo_66

Photo_70 Photo_71

10_1 2012

Photo_72 Photo_73

2 2001_1

Photo_74 Photo_65

Photo_75 Photo_76

7 Photo_78

9 2001

Photo_79 Photo_80

5 6

11 13

Photo_81 Photo_82

Photo_83 Photo_84

Photo_85 Photo_77   

4 12 8

また整理できましたら続きを...



 

 

 

 

今年も..

今年も一年お疲れさまでした...

パンちゃんにお尻をたたかれ、今日は朝からお仕事場のお片付け...

    12274

    12272

    12273

    12271

んッ...? いやいや整理整頓を少しずつ...

ストーブに火を..

我が家のペレットストーブも...

ありたま南町の家へ取扱説明に行ってきたら我が家のストーブにも火を入れたくなって..

今年はまだお掃除をしていなかったので、戻ったところでさっそくペレットストーブと煙突のお掃除を開始。 煙突の煤は予想以上に溜まっていてちょっとびっくり... ストーブも分解して..と思いましたがちとお時間が無くストーブ本体は簡単に。

そしてさっそく火入れを

    11041  
    11043
    11042

やっぱり火のある暮らしは良いですねぇ.. 今年もお世話になります!! よろしくねッ..

この暖かさはエアコンやファンヒータとはひと味違いますね。 もちろん視覚的にもすごく贅沢な気分にさせてくれますし、お酒も美味しくしてくれます.. なによりこのやさしいそして柔らかな暖かさがたまりません。

すご~く素敵なお家をつくり..すご~く快適な暮らしをして..もう満足な~んて言わないで、ぜひ火(ストーブ)のある暮らしをしてみませんか。 

すご~く素敵で快適で、そしてすご~く贅沢な時間を楽しめる暮らし。ぜひお試しあれ...

今年も..

2018年もスタートしました...

   2018

今年もよろしくお願いします。

柿渋と拭き漆..

仕上げに柿渋 or 拭き漆...

ケヤキの床板の仕上げをどうしましょう。
選択肢は、生地のまま.. 蜜蝋ワックス.. 柿渋.. 拭き漆.. と、こんなところ。まずはようすを見てみようということで

    10181

    10182_2
         ①              ②       ③        ④

①.こちらはスギの床板で、上が拭き漆(まだ1回目..)、下が柿渋+ベンガラ(黒)に拭き漆(まだ1回目..)  

ここから床板はケヤキ ②.上は柿渋+ベンガラ(黒)の下塗りに拭き漆(まだ1回目..)、下は柿渋+ベンガラ(黒)に蜜蝋ワックス塗りで色違いは塗り回数の差   ③.拭き漆(まだ1回目..)   ④.柿渋+ベンガラ(黒)で色の違いは上から3回塗り~1回塗り

拭き漆は、加湿器を運転しながら1回目の乾燥中。 まずは3回くらい塗ってみようかと..

全国省エネミーティング..

昨年は静岡で開かれました...

省エネは笑エネをつくる!~静岡で考える~
小さなエネルギーで楽しく暮らせる快適住まい術

住まい手とつくり手で小さいエネルギーの暮らしを増やしていくー
こうした目標に賛同する人たちが全国に広がり、6年目を迎えた1985アクションはますます力強いものになっています。
今年の「全国省エネミーティングin静岡」でのキーワードは”実践と具体”。
基調講演では社内での地道な取り組みが評価され、昨年度の省エネ大賞会長賞を受賞された栄光製作所の勅使河原社長に、チーム一丸となって取り組む”笑エネ”の具体をご紹介いただきます。
第二部では省エネに向かう実際的な住まいと暮らしを詳しくご紹介し、専門家の意見を交えることで、その具体が見えるようなプログラムになっています。
省エネにご興味のある方、静岡らしい快適な住まいを手に入れたいという方、チーム作りに関心のある方、どなたでもお気軽にご参加ください!

今年は、6日に岡山で開催です..

    720170706

お時間ある方、是非

詳しくは http://to1985.net/event/644/  から..

おめざめに..

さえずりでお目覚め...

最近朝が早くなってきた。
カーテン越しがうっすら明るくなると、聞こえてくるウグイスの鳴き声..ひと月前にはまだ上手に鳴けずにいたんだけど、ここ数日はすご~くきれいにさえずり合っています。

0508

わきからのスズメも時間が経つにつれにぎやかさを増す...
 
そんな朝の目覚めがあたりまえ。と思っていたんだが、先日連休に息子が戻ってきて、お祭り疲れの朝この囀りで起こされたようで、「めっちゃ、気持ち良い朝だねぇ..」 って、「まるで軽井沢か山ん中にいるみたいじゃん」 とひと言。
 
そっか、あらためて言われると ”毎朝すっごい贅沢をしてるんだなぁ” って思い知らされた..
 
たしかに愛犬パンチとの早朝お散歩が気持ち良いと思うことはあるが、あらためてすばらしい環境の中で目覚めることができる幸せを痛感する今日このごろです...
 
この環境を大切にしなくてはいけませんね。
 
 
 

1985地域アドバイザー拠点..

1985地域アドバイザー拠点になりました...

    0422

前回も紹介しましたが、 Foeword to 1985 energy life の 1985アクション

3.11をきっかけに、住まいの”つくり手”と”住まい手”が一緒になって家庭部門でのエネルギー消費量を1985年レベル(いまの半分)にしようとするアクションです。

日本に暮らすすべての人が直接関われる取り組みとして、”家庭”での省エネを進めていきたいと考え、この活動が始まりました。目指すのは我慢の省エネではなく、賢く楽しく進めていく省エネです。

そんな活動に参加してみませんか...

今回、1985地域アドバイザー拠点になり、ここでもう一度省エネに向き合い、真摯に取り組んでみようと思っています。

どんどん暮らしが便利になり、自動化され、豊かになっているように思えますが、この暮らしを得るために多くのエネルギーが消費され、そのエネルギー源も底が見え始め、かつ気候変動という大きな問題も抱えています。エネルギーだけではなく、人間そのものも本能を失いはじめているような気もします...

いまならまだ間に合うのかもしれません。

少しずつですが、もう一度いちから省エネのこと考えてみます...

より以前の記事一覧

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ