カテゴリー「つぶやき」の記事

ストーブに火を..

我が家のペレットストーブも...

ありたま南町の家へ取扱説明に行ってきたら我が家のストーブにも火を入れたくなって..

今年はまだお掃除をしていなかったので、戻ったところでさっそくペレットストーブと煙突のお掃除を開始。 煙突の煤は予想以上に溜まっていてちょっとびっくり... ストーブも分解して..と思いましたがちとお時間が無くストーブ本体は簡単に。

そしてさっそく火入れを

    11041  
    11043
    11042

やっぱり火のある暮らしは良いですねぇ.. 今年もお世話になります!! よろしくねッ..

この暖かさはエアコンやファンヒータとはひと味違いますね。 もちろん視覚的にもすごく贅沢な気分にさせてくれますし、お酒も美味しくしてくれます.. なによりこのやさしいそして柔らかな暖かさがたまりません。

すご~く素敵なお家をつくり..すご~く快適な暮らしをして..もう満足な~んて言わないで、ぜひ火(ストーブ)のある暮らしをしてみませんか。 

すご~く素敵で快適で、そしてすご~く贅沢な時間を楽しめる暮らし。ぜひお試しあれ...

今年も..

2018年もスタートしました...

   2018

今年もよろしくお願いします。

柿渋と拭き漆..

仕上げに柿渋 or 拭き漆...

ケヤキの床板の仕上げをどうしましょう。
選択肢は、生地のまま.. 蜜蝋ワックス.. 柿渋.. 拭き漆.. と、こんなところ。まずはようすを見てみようということで

    10181

    10182_2
         ①              ②       ③        ④

①.こちらはスギの床板で、上が拭き漆(まだ1回目..)、下が柿渋+ベンガラ(黒)に拭き漆(まだ1回目..)  

ここから床板はケヤキ ②.上は柿渋+ベンガラ(黒)の下塗りに拭き漆(まだ1回目..)、下は柿渋+ベンガラ(黒)に蜜蝋ワックス塗りで色違いは塗り回数の差   ③.拭き漆(まだ1回目..)   ④.柿渋+ベンガラ(黒)で色の違いは上から3回塗り~1回塗り

拭き漆は、加湿器を運転しながら1回目の乾燥中。 まずは3回くらい塗ってみようかと..

全国省エネミーティング..

昨年は静岡で開かれました...

省エネは笑エネをつくる!~静岡で考える~
小さなエネルギーで楽しく暮らせる快適住まい術

住まい手とつくり手で小さいエネルギーの暮らしを増やしていくー
こうした目標に賛同する人たちが全国に広がり、6年目を迎えた1985アクションはますます力強いものになっています。
今年の「全国省エネミーティングin静岡」でのキーワードは”実践と具体”。
基調講演では社内での地道な取り組みが評価され、昨年度の省エネ大賞会長賞を受賞された栄光製作所の勅使河原社長に、チーム一丸となって取り組む”笑エネ”の具体をご紹介いただきます。
第二部では省エネに向かう実際的な住まいと暮らしを詳しくご紹介し、専門家の意見を交えることで、その具体が見えるようなプログラムになっています。
省エネにご興味のある方、静岡らしい快適な住まいを手に入れたいという方、チーム作りに関心のある方、どなたでもお気軽にご参加ください!

今年は、6日に岡山で開催です..

    720170706

お時間ある方、是非

詳しくは http://to1985.net/event/644/  から..

おめざめに..

さえずりでお目覚め...

最近朝が早くなってきた。
カーテン越しがうっすら明るくなると、聞こえてくるウグイスの鳴き声..ひと月前にはまだ上手に鳴けずにいたんだけど、ここ数日はすご~くきれいにさえずり合っています。

0508

わきからのスズメも時間が経つにつれにぎやかさを増す...
 
そんな朝の目覚めがあたりまえ。と思っていたんだが、先日連休に息子が戻ってきて、お祭り疲れの朝この囀りで起こされたようで、「めっちゃ、気持ち良い朝だねぇ..」 って、「まるで軽井沢か山ん中にいるみたいじゃん」 とひと言。
 
そっか、あらためて言われると ”毎朝すっごい贅沢をしてるんだなぁ” って思い知らされた..
 
たしかに愛犬パンチとの早朝お散歩が気持ち良いと思うことはあるが、あらためてすばらしい環境の中で目覚めることができる幸せを痛感する今日このごろです...
 
この環境を大切にしなくてはいけませんね。
 
 
 

1985地域アドバイザー拠点..

1985地域アドバイザー拠点になりました...

    0422

前回も紹介しましたが、 Foeword to 1985 energy life の 1985アクション

3.11をきっかけに、住まいの”つくり手”と”住まい手”が一緒になって家庭部門でのエネルギー消費量を1985年レベル(いまの半分)にしようとするアクションです。

日本に暮らすすべての人が直接関われる取り組みとして、”家庭”での省エネを進めていきたいと考え、この活動が始まりました。目指すのは我慢の省エネではなく、賢く楽しく進めていく省エネです。

そんな活動に参加してみませんか...

今回、1985地域アドバイザー拠点になり、ここでもう一度省エネに向き合い、真摯に取り組んでみようと思っています。

どんどん暮らしが便利になり、自動化され、豊かになっているように思えますが、この暮らしを得るために多くのエネルギーが消費され、そのエネルギー源も底が見え始め、かつ気候変動という大きな問題も抱えています。エネルギーだけではなく、人間そのものも本能を失いはじめているような気もします...

いまならまだ間に合うのかもしれません。

少しずつですが、もう一度いちから省エネのこと考えてみます...

お彼岸..

お彼岸にぼた餅...

「暑さ寒さも彼岸まで」という通り、春と秋にやってくるお彼岸。
春分の日、秋分の日を中日として前後3日を合わせた7日間がお彼岸ですね。

春分の日と秋分の日は太陽が真東から登り真西へ沈む日で、仏教の考えから、この日は故人への想いが通じやすいとされています。そのため、お墓参りに行ったり、お供え物をしたりという習慣が定着しました。

お供え物の定番といえば「ぼた餅&おはぎ」ですが、春と秋で呼び名が違うのをご存じでしたか?

今でこそ、ぼた餅・おはぎはスーパーや和菓子店で気軽に買えますが、昔はたいへんな高級品でした。江戸時代にさかのぼると、当時の甘いお菓子といえば「干し柿」「さつまいも」といったところが庶民にとっては身近なものでした。今では家庭に必ずある「砂糖」は普段なかなか口にできない高級品だったのです。

また、ぼた餅といえば「あんこ」が欠かせませんが、こちらの原材料「小豆」も江戸時代の人々にとっては思い入れの深い食べ物でした。その当時の人々には「赤」=魔除けの色と信じられていたからです。神社の鳥居が赤いのも、魔除けからきているとか。小豆は赤い食べ物として魔除け効果を期待されていたのです。
魔除けの小豆+高級品の砂糖でつくられたぼた餅は、ご先祖様に振る舞うお供え物としてベストなものだったのでしょう。

春は「ぼた餅」、秋は「おはぎ」と同じあんこを使ったお菓子にもかかわらず、名前が違います。
本来、「ぼた餅」は「こしあん」、「おはぎ」は「つぶあん」が基本。それには先人たちの食に関する知恵が隠されていたのです。

小豆の収穫時期は秋。
とれたての小豆は皮もそのまま使えるからつぶあんに。一方、春は秋に収穫した小豆を使うので皮が固く、こしあんにせざるを得ないのです。

さらに、それぞれの名前にも季節が表されています。
ぼた餅は春の花「牡丹」、おはぎは秋の花「萩」に由来しています。
いずれもそれぞれの花の形にあわせ、ぼた餅は牡丹のような丸形、おはぎは萩の花のような俵型が基本形でした。

ぼた餅をご先祖様にお供えするのは、やはりお彼岸の中日が一番よいとされています。先ほどもお伝えしたとおり、中日はご先祖様と心を通わせやすい日とされているからです。ただ、何より大事なのは気持ちですから、お彼岸の期間であれば問題ありません。

ですが、お墓参りに出掛けたら、お供え物はすぐに引き上げて自分たちでいただきましょう。まわりを汚さないためのマナーです。仏前にお供えした場合も痛まないうちに食べるに越したことはないので、長々とお供えしておく必要はないようです。

意外と知らなかった「ぼた餅」と「おはぎ」の違い。昔から伝わるぼた餅・おはぎは日本の人々がご先祖様を大事にしてきた証しでもあるのですね。
(Tenki.jp トピックスより)

なるほどねぇ...

お中日には 「ぼた餅」 美味しくいただきましょうね。

格好を...

格好をみたくなって...

先月末より基本設計に取りかかりまずは断面計画を..とすすめていましたが、外観の雰囲気がど~してもみたくなってしまい、今日は朝から模型づくりを...

    017cdb60e8b2f0d83f18fd3c13042cc1c05
    0167981f22caf32f1c5d4dff939f6282df0
    0161093794001d7f228fd403415e9a148e6
    010bc6961740d80054ec48426593c205f9f

”かぼちゃ束が見える三間角の無柱空間がならぶ平屋の住まい” 

今日のところは外廻りだけ... なんだか楽しくなってきちゃった

さてと、引き続き平面計画をまとめてみますか

ペレットその後..

灰の量を比較してみた...

その後あれやこれやと試してみているのですがなかなか ”これで良い..” というものを決定できずにいるところです。そこでひとつの選択肢となるべく 「灰の量」 を比較してみました。

    Photo 目地は100角タイル

二日間、朝と夜二時間程度燃やしたときの ”灰受け” にたまった灰の量です。灰受けのみですので実際には三割増しくらいの量になります...

量の違いにはびっくりするでしょう...いちばん左くらいだと燃焼皿まわりも灰でいっぱいになっちゃうくらいです。ちなみに左から、広葉樹ペレット(全木)、松が主材のペレット(ホワイト)、桧が主材のペレット(全木)です。

    Photo_2 広葉樹のペレット
下のふたつの中間くらいですこしシットリ感があるような.. 広葉樹ということで熱量も大きく、火持ちも良いとのことでしたが、ちょっとこの灰の量だと使いづらいような気がします。

    Photo_3 松主材のペレット
細かくサラサラとした灰です.. 松主材のものは、熱量も大きく火持ちも良いような感じがしています。

    Photo_4 桧主材のペレット 
すこしザラザラとした灰です..  ホワイトペレットということもあり灰の量としてはいちばん少ないようです(でも松主材との違いはほんのわずか)

てなことでもう少し比較をしてみようと思っています...

ペレット..

ペレットを比較...

この寒さでペレットストーブが大活躍。1階の内玄関土間に設置してあるわけだが、1階の前室はもちろん2階全室から小屋裏3階まで階段室をとおり、まさに家中を輻射熱が駆けまわってくれて、寒さを感じずにいられます。

ところで燃料のペレット。
木部ペレット(ホワイトペレット)、全木ペレット(混合ペレット)、樹皮ペレット(バークペレット)と3種類あるが、それぞれ熱量や灰の多さ、燃費に差がある..もちろん価格にも。今年は少し違いをみてみようということで何種類か試している...

    01141
    01143

まずはホワイトペレットから

        Photo_3 _
左がカナダ産の「ピナクル」、右が南飛騨産の「ぬく森ペレット」

つぎは全木ペレット

   __2 __3
左が上伊那産の「ピュア1号」、右が浜松産の「てんりゅう」

ホワイトペレットの方が木の樹皮を含まないので、熱量も大きく灰の量も少ないといわれていますね.. でも木質ペレットの品質規格のA認定品はピュア1号のようです。たしかに使ってみるとそんな感じですが、その年の出来栄えによって大きく左右されるようで、今年のものは少々灰の量が多く熱量も小さいような気がします...

ちなみに見た目の違いはと言うと

   Photo_6

   Photo_7 左の「てんりゅう」
   Photo_8 真ん中の「ピュア1号」
   Photo_9 右の「ぬく森ペレット」
   Photo_10 カナダ産の「ピナクル」

ホワイトペレットがやはり白っぽく見えますが、樹種の違いによって色合いや香りなどが違いますね..あとはペレットの長さや堅さ、ストーブのペレットタンク内に残る粉の量にも違いがあります。

まだこれがと言えませんが、「ぬく森ペレット」が良い感じのような気もします。もう少し試してみますね...



より以前の記事一覧