« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月に作成された記事

階段も..

階段も...

R天井のボードも張られたよう...さて出来映えはどんなもんでしょうか?

    01298   
    012910
    01299
ちょうど良いバランスのようです.. 建物の中にアール部分があるとやさしい感じが出て良いですよねぇ...

    012911
    012912
床板も張り始めたもよう.. 今回は小屋裏にエアコンを設置して、床下と空気循環をさせてみようと思っています。左手に見えているのがその床吹き出し口...

    01295
    01296
    01297
既存部分小屋裏への導線の階段もつきました。あまり圧迫感が出ないようにと力桁ストリップ階段にしてみました..
RC部分との下屋や梁組みもあり頭が当たらないようにと高さの心配もありましたが、うまいこと計画通りに取り付きいい感じです...

現場ももうひといきのとこまでやってきました。



    

天井下地..

天井下地...

その後の現場では、外壁の下塗りがはじまり、内部ではR天井の下地が組まれてきました。

    01291
    01293
    01294
    01292 
そとん壁の下地です...

    01221
    01222
折り上げ天井の内部はアールになります。少し天井高さを低くして、アールをゆるめに変更してみましたが仕上がりはいかがになろおうか?..

寝室になりますので、照明器具は調節見えないように配置する計画です。



 

富士を..

富士を...

毎週お天気にも恵まれこの景色を望むことができる。

    01212
    01211
    01213

その昔小泉八雲もここからの富士に惹かれてこの地に滞在していたとのこと...

なんと今週は毎日この景色を見ることが出来てる。なんと幸せなことか..
ハードな現地調査のご褒美かもね。



解体工事..

解体工事...

昨年末より進めていました解体工事が終わりました。今月いっぱいと言われていましたが早まって良かった..良かった...

    12254
    12255

    01111
    01113
    P1320554
    01112

    01141
    01142

来週から 丁張り出し をして地鎮祭を..そんな予定になりました。
寒明けの着工まで少し余裕が出来ましたので助かります...





    

いぶし瓦..

いぶし瓦...

久しぶりの日本瓦葺きの屋根。 いぶし瓦は日本の家屋..という感じがして良いですね。

    01151
    01152
    01153
    01154
    01156
    01157

今回は創嘉瓦工業の「三州 純いぶし」を...
通常の瓦に比べ軽く(11%程度の軽量)、3寸勾配でも葺くことができます。

一文字軒の「ストレート軒」もすっきりしていていいでしょぉう...



現地調査..

現地調査へ...

3回目の現地調査で服部家へ。 駐車場から現地へ向かう路地でカモメと遊ぶおじさんに遭遇...

    01131
    01133
    01132
用水路のコイに餌やりに来てるんだけど、カモメも餌ほしさに集まってくるようになったみたい...
ホバリングしながら手のひらのパンを食べにくる姿はなかなか可愛い。

    01134
    01136
    01135
二棟がつながる100坪ほどの建物の3回目の現地調査.. 今日はやっと平面調査を終え高さを取り始めたところです。

    01137
    01138
    011310
    011311

調査してみるとやはり構造躯体の老朽化が多く見られ、寸法取りも難儀しているところです。
今月いっぱいは測っては作図しながら???...の繰り返しになりそう。



 

本年もよろしくお願いします..

本年もよろしくお願いいたします...

    0108

2020年(令和2年)ねずみ年.. 

本日より大石設計室もお仕事始め

今年も良い年でありますように...



« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »