« 2018年10月 | トップページ

2018年11月に作成された記事

石張り..

石張りを...

なかなかのゆっくりペースの外構造園工事ですが、昨日から鉄平石の石張りが始まりました。大きくて分厚い鉄平石を現場で割りながら張っていきます...

    1811141
    1811142

    1811143
    1811144

    1811145

昨日は石を選んで並べる作業を、建て主さんも庭屋さんといっしょになってあれこれ選んで運んでは靴脱ぎ石から眺めてみたりと夕方までやってました...

今日は高さを合わせながら鉄平石を据え付けています。 体力とセンスと経験が必要なお仕事ですね。 浜松一のお庭を目指してみんなで奮闘中です...

住まいと暮らしの省エネガイドブックその3..

ぜひ知っておいてほしいこと...

    3

前回もお話ししましたように 「省エネを..」 というとどうしても淋しい話しに..って感じがしてしまいますよねぇ。でもね、たとえばお家の壁の断熱をよくすると寒さを感じにくくなるし、屋根の断熱を増やすと夏の暑さが和らぐとか、窓に夏は簾や葦簀を掛け冬にはスクリーンを下ろすなどをがんばってやってみると、お家の中がすご~く暮らしやすく(暑さ寒さが和らぐ..)なるってのはなんとなく理解できませんか...

そうなんです、すごく快適になるんです!! 冬に寒さを..夏に暑さを感じにくくなるってのは身体にも精神的にもすごくメリットが大きいですよねぇ。

このガイドブックは省エネが目的ですが、建物や窓を工夫すると 「快適な暮らし」 もついてきます。ぜひ温湿度計など片手に、建物や窓の工夫見つけてがんばってみてくださいね...

ストーブに火を..

我が家のペレットストーブも...

ありたま南町の家へ取扱説明に行ってきたら我が家のストーブにも火を入れたくなって..

今年はまだお掃除をしていなかったので、戻ったところでさっそくペレットストーブと煙突のお掃除を開始。 煙突の煤は予想以上に溜まっていてちょっとびっくり... ストーブも分解して..と思いましたがちとお時間が無くストーブ本体は簡単に。

そしてさっそく火入れを

    11041  
    11043
    11042

やっぱり火のある暮らしは良いですねぇ.. 今年もお世話になります!! よろしくねッ..

この暖かさはエアコンやファンヒータとはひと味違いますね。 もちろん視覚的にもすごく贅沢な気分にさせてくれますし、お酒も美味しくしてくれます.. なによりこのやさしいそして柔らかな暖かさがたまりません。

すご~く素敵なお家をつくり..すご~く快適な暮らしをして..もう満足な~んて言わないで、ぜひ火(ストーブ)のある暮らしをしてみませんか。 

すご~く素敵で快適で、そしてすご~く贅沢な時間を楽しめる暮らし。ぜひお試しあれ...

MUUMUU..

ペレットストーブのMUUMUU...

今年の夏に竣工したありたま南町の家へ..
今日はペレットストーブの取扱説明のためキビカさんとおじゃましました。

取り付け時に着火テストでいちど火を入れましたが、みなさんおそろいの前では初披露です。今回採用したのは、トヨトミのMUUMUUというペレットストーブ。窓が大きくて炎を楽しむにはもってこい..

    1811041
    1811042
    1811043

    1811044
    1811045

    1811046

このお家の暮らしにも慣れていただいたようで素敵に住まわれていました.. おぼっちゃまも1才をむかえ歩くようになったみたいで元気はつらつ。 愛犬のハチちゃんもすご~くおりこうさんでおとなしくペレットストーブの説明を聞いていました...

ペレットストーブをつけた途端に家中が暖かくなるのがよ~くわかりました。 今年は火のある暮らし..という楽しみが住まいの中に増えましたね。

今年は暖か~い冬をご家族でお過ごしくださいね...

住まいと暮らしの省エネガイドブックその2..

省エネの工夫を整理すると...

    2

”私たちにあった工夫” ってどんなところに隠れているんでしょうか?

省エネって言うと、電気(照明)をつけっぱなしにしない.. とか、暖房の温度を下げたり冷房の温度を上げたり..ちょっぴり我慢したり.. とか、シャワーや蛇口をこまめに閉めたり.. とかがまず思いつくところでしょうか。

そうなんです..そんなところが家庭のエネルギー消費を左右しているところなんです。

そこでこれらを整理してみると、「建物」と「窓」と「設備器機」という分類になります。ちょっと言葉が専門的すぎますね...

「建物」というのは断熱性能のことで、お家の屋根や壁(外壁)、床の断熱がしっかりしていると、熱が逃げにくく..入りにくくなりますので、暖房や冷房のエネルギー消費量が減ることにつながるのです。

次に「窓」ですが、先ほど建物の断熱性能のお話しで、屋根や外壁、床を取り上げましたが、お家の外周部分の中でいちばん熱の移動が大きいのが「窓」になります。その割合は全体の70%ほどが窓...

この「窓」というのは、たくさんの太陽の光(熱)を入れたり、その反対にたくさんの熱を逃がしたりします。また風をいれたりと... 夏と冬ではこの窓の取り扱い方が全く逆になりますが、この「窓」とうまく使いこなすことで、こちらも暖房や冷房のエネルギー消費量が減ることにつながります。

三つ目は「設備器機」です。こちらは、給湯器(ガスボイラーやエコキュートなど)や調理器機(ガスコンロやIHクッキングヒーターなど)を省エネ製品にする..とか、照明器具をLEDにする..などで最近良く耳にしますね。

これらに加えて家電製品もこの「設備器機」に含まれます。冷蔵庫やテレビなどがその代表ですね.. このあたりは器機が格段に省エネになってきているのですが、使う器機が大型化していますのでエネルギー消費量も大きくなっているのが現状でしょうか...

そこでこれらの「設備器機」の選択や使い方を見直すことがエネルギー消費量を減らすことにつながりますね。

こんな感じで大きく三つに分類して、その中を整理しながらできそうな工夫を発見してみましょう..とそんな構成でこのあとお話ししていくことになります。

« 2018年10月 | トップページ