« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月に作成された記事

物置小屋の続き..

続きを...

その後の現場の様子をもう少しだけ..

    1810291
    1810292

    1810293
    1810294

物置小屋だけど屋根は遮熱しておこう... ということで遮熱アルミシートを張っています。遮熱層をつくる通気胴縁は一尺(30㎝)おきに、アルミシートの上下になるように配って遮熱通気層を確保..

物置小屋の予定が建ち上がってきたら、物置じゃぁもったなくなっちゃったようで..
壁にはシックイ調のボードを張って、床は厚みが24ミリ幅が24センチの杉板杉板を目地に小竹をいれて張ろう..ということに。

建具は全開になるので、石畳に続く小上がりにテーブルと椅子を置いて、水琴窟と鹿威しを聴きながらお庭と眼下に広がる田畑と山々を眺めお茶をする..という空間になりそうです。

物置小屋..

物置小屋の建て方を...

今日から車寄せ東屋への増築部分物置小屋の建て方をはじめました。 今回は構造用合板を落とし込んで組み上げます.. 

    1810261
    1810262

    1810263
    1810264_2
    1810265_2

    1810266_2
    1810267_2

ここから軒桁をまわし、車寄せ東屋の柱に取り付けます..

外壁は 杉板縦張りに縦押さえ縁 を打って仕上げる予定ですが、ひょとすると杉皮張りになるかも...

今日はこのあたりで.. 明日の空模様がちょっと心配ですが

住まいと暮らしの省エネガイドブック その1..

自分に合った工夫を見つけよう...

    01
    1

最近の気象がおかしい..と感じませんか? 今までに経験したことのない****というような、豪雨や突風、進路のおかしい台風、それも巨大な台風などなど...

甚大な被害もともなう災害も多々ありましたね。どうやらこの異常気象は地球温暖化の影響のようですね。そうではないという方もおられるようですが、もうそろそろ認めませんか...

森を切り開き街をつくり、便利な暮らしは大量の電気を使う...そろそろこの代償を払う時がやってきたということなのでしょうね。 

これ以上の異常気象はもう耐えられないですよねぇ..そんな異常気象をもたらす地球温暖化を進めるCO2を少しでも削減しましょう。省エネというと小さな細かなことをセコセコと..といようなイメージですが、小さな一歩が大きな一歩につながります...

地球のため..とか世界のため..とか未来の子供達のため..とかいろいろ言われていますがまずは自分のため... わずかかもしれませんが光熱費などランニングコストが下がりお財布にゆとりができることは決してそんなことではないはずですよね。そんなわずかなことの積み重ねが未来の..世界の..地球の..ためにつながりますので、ぜひみなさん一緒にセコセコとすすめてみませんか。

ということでこのガイドブックが目指すのは、みなさんに自分に合った工夫を見つけてもらうこと

省エネにつながるさまざまな工夫を紹介していきますので、今すぐできること.. 少しお金を貯めてやってみたいこと.. リフォームや新築、住まい選びの際に実践したいこと.. などをぜひ見つけて実践してみてくださいね...

水琴窟..

水琴窟(すいきんくつ)...

いいのやの家の造園外構工事はゆっくりですが進行中です。 景石や灯籠、飛び石もならび石畳が敷き込まれるのもまもなくかも...

そんな現場では、物置小屋の建て方が始まります。昨日から木部の古色塗りを... 車寄せ東屋のまわりには何ヶ月ぶりかに木材が並んでいます。

    1810241
    1810242

    1810243
    1810244
    1810245
水鉢の手前右側の穴が空いているところが水琴窟の水門です...

水琴窟(すいきんくつと読みます)の構造は、地中にカメををふせて、上部になるカメのそこに穴を開け、その穴から水を落とすと、そこの水面に落ちる水音がカメの中で共鳴して、高い音(金属音)を奏でます...
琴の音に似た妙なる音を響かせることから、いつの頃からか水琴窟と呼ばれるようになったそうです。

    1810246日本の音研究所より..

ぜひ水琴窟の音色を...

こちらより  https://www.facebook.com/satoshi.ooishi.56 

お楽しみくださいね...

大津垣..

大津垣...

先週の台風24号はものすごかったですねぇ..みなさんが、風の強さも停電の長さも「今までに経験したことがない..」って言ってましたね。最近の災害にはみんなこの言葉がついてきます。最近の気候はなんかおかしいですね...

私のところも30日の23時頃から24時間停電をしました。幸いにも水道もガスも生きていましたので、キャンプ用品を取り出..インバーター取り出し..

ランタンと燭台で灯りをとり、車のシガーソケットから電気をとりガスボイラーでお風呂もOKと電気はありませんが普段とあまり変わらない夜を過ごすことができました。とはいうものの日中は電気がないことで仕事はもちろんですが、生活には不便しました...いかに電気に頼っているのかというのがよ~くわかりました。良い経験になりました...

いいのやの家もおかげさまで台風被害もなく、続かない晴天にやきもきしながらですが造園外構工事がゆっくり進んでします。

風呂庭の垣根が始まりました。庭やさんが雨仕事に竹を加工しているようで竹筧もできていました...

    1810061

    1810062
    1810063
    1810064

風呂庭の垣根は 大津垣(おおつがき)
大津垣とは、板状にした竹を横に渡した支柱に、表裏交互に組み込んだものです。
竹の表面を「京都」となぞらえて、その裏側は「大津」。表と裏を組み合わせるということからきたと言われているそうです...

    1810065
    1810066
    1810067
    1810068

竹を半割にて、少しずつ切れ目を入れながら半丸状態から平らにのばしていくそうです。庭やさんが雨仕事に...っていってたのはこのことです。

なんかいいですね、お庭のお仕事...

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »