« 住まいと暮らしの省エネガイドブック.. | トップページ | 造園外構工事の続き.. »

造園外構工事その後..

造園外構工事のその後...

建物の引き渡しを終え、建て主さんが住まわれてからあっという間に2週間が過ぎました。そんな現場では造園外構工事が引き続き進行中です。

前回、風呂庭の石や灯籠、靴脱ぎ石が置かれ犬走りの石張りあたりまでご紹介しましたね..

    1819189
    18191810
    18191811
    18191812
靴脱ぎ石は、三ヶ日石と地元産(久留米木の石).. 犬走りは三ヶ日石を張り詰め...

その後のようすをもう少し

    1809181
    1819182
    1819183
    1819184
    1819185

進入路の先に門石が建ちました。 径が40~50センチ、長さが2.5メートルほどの備前六方石(ろっぽうせき)です...
溶岩が冷却するとき、5~6角形の縦方向の割れ目か生じてできたもので、日本では備前六方石と伊豆六方石があるとのことです。最近では国産はなかなか手に入らないようで中国六方石が輸入されているよう...

    18191813
    18191814
    18191815

勝手口土間の石も張り終わりました。その奥が風呂庭になります...

既存の土留め壁に石積みされてたり、砂利が敷き込まれたりとまずはたくさんの石が運び込まれています。

南庭にも景石が座りましたので続きはまた明日にでも...

« 住まいと暮らしの省エネガイドブック.. | トップページ | 造園外構工事の続き.. »

いいのやの家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204998/67181511

この記事へのトラックバック一覧です: 造園外構工事その後..:

« 住まいと暮らしの省エネガイドブック.. | トップページ | 造園外構工事の続き.. »