« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月に作成された記事

木製建具..

建具の吊り込み...

先週より設備器機や電気器具の器具付けが始まりました。建具の吊り込みも進んでいます..

    07301
    07302
    07303
建具の古色は建具屋さんに製作しながら塗ってもらいました。

    07304 広縁は格子戸...
    07305
丸窓の向こう側の果樹園の苗木もだいぶ大きくなってきています..
    07306
    07307
紙貼りの上げ下げ障子からは、田園と青い空が...

    07308
    07309
    073010
寝室の建具は、簀戸と遮光障子の障子戸。欄間には無双窓を...

    073011
    073012

建具が入るとぐっと雰囲気が良くなりますねぇ.. 今日も暑い日になりましたが、お家を吹き抜ける風はなんだかいつもより涼しく感じられ、建具の入った空間はすごく素敵で気持ち良い...

明日はいちどお掃除が入って、明後日建築の完了検査がおこなわれます。
外構工事はこれからですが、建築はあとひと息..になってきました...

シックイ塗り..

シックイ塗りがはじまり...

大工さんの家具工事まだまだ進行中。 でもあとひと息のところまで...

同時進行で、壁のシックイ塗りが進んでいます。漆喰の質感はたまりませんねぇ..特にこの暑さの季節には。

    07217
    07218
    07219
    072110

ご主人の寝室には勾配天井いっぱいに本棚があります。黒くなるので心配していましたが、漆喰の白のおかげで明るさも大丈夫そう...

またこの話になっちゃうんだけど、古色の塗装がおそろしくムラだらけ(涙..涙..)。さすがにぶち切れちゃいそうな心中を押さえ込んで塗装屋さんに手直しのお願いを。

ちと言葉遣いがよろしくないですね... 
でもそのくらいがっかり..大工さんも建て主さんも..  まぁ、現場ではそんなこともあるんです。 なんとかいい具合にもっていけますように...

    072111
    072112
    072113
大丈夫.. くらい話題ばっかじゃなく、こんなにきれいに仕上がってきたお部屋からのながめは

青い空.. 緑のじゅうたん.. そして水田を通り抜けてくる風は涼しく..

    07211
    07212
    07213
    07214
    07215
    07216

今日も外気温33℃の猛暑。 10時のいっぷくまでは 「水田を通り抜けてくる風は涼しく..」 な~んていってましたが、昼近くになると室温も30℃近くに...

でも、漆喰の塗られた壁は、そんな暑さを和らげてくれます。すごく良い感じです...

現場には住設器機も運び込まれてきて、来週からは器具付けが始まるもようです。そうそう、先日偵察に行ってきた建具も吊り込まれるはずですので、にぎやかな&楽しみな現場になりそうです。

家具工事の続き..

続きのお話しを...

浴室の石張りとヒノキ板張りも終わり、水廻りのケヤキの床板に古色塗装が施されました。真っ黒に... またちょっと塗料を付けすぎているようで真っ黒になっちゃいました。

    071115
    071116
    071117
すこし暗めの部屋ですので残念...  蜜蝋ワックスですこし塗料がとれるのを期待して。

    071118
    071120 071119

省エネの横綱 太陽熱温水器 も屋根に鎮座しました... 格好なんて言ってられません。そんだけ省エネ(苦笑)

建具も順調に進行中...

    07111
    07112
    07113
    07114

建具屋さんへ偵察に.. 今回は古色を塗装しながら組み上げてもらっています。

格子戸..舞良戸..遮光障子..簀戸..太鼓襖.. ... と現場にお出ましになるのが楽しみです。

月末にはお目にかかれそう...

家具工事..

大工さんの家具工事...

エコフリースが貼り終わりました。天井は塗装済みのエコフリースでしたので完成です...

    07115
    07116
    07117
    07118
    07119
    071110

壁はこれから漆喰が塗られます..

大工さんは引き続き家具を製作中... まずは、ご主人の寝室の壁面いっぱいの本棚とロフトへの箱階段が完成

    071112
    071113
    071114

つづきは
また後ほど...

エコフリース..

壁紙はエコフリースを使っています...

エコフリースとは、パルプ等の自然材料を主原料として、強化のためにポリエステルを加えた壁紙用のフリース(不織布)です。

今回天井には、フリース(不織布)に水性塗料を工場塗装し仕上げられたものを使っています。壁は無塗装のフリースに、本漆喰を塗り仕上げます...

    07051
    07053_2
    07052

大工さんは家具をつくっています.. ご主人の寝室は大きな机と箱階段に壁面全面の本棚と大がかりな家具です。

    07055
    07054
    07057
    07056

それではエコフリースが貼り上がった様子を少しだけ...

    07058
    07059
    
070511
    070510
    070512

エコフリースは、しなやかさと強靱さを兼ね備えた紙でできているので、摩擦や衝撃に強いので、躯体(建物)が動いてもクロス切れやクラックが起こりにくく、このエコフリースの上に最大で10回程度の塗り替えが可能というすぐれものの壁紙です。

また、エコフリースは通気性に富み結露やカビの発生も抑えてくれます。下地の石膏ボードなど透湿系の建材との組み合わせにより呼吸する壁をつくり出すことができます...

内装工事..

壁紙下地のパテ処理...

外部では排水工事やガスボイラーの取り付け、室内では天井と壁のパテ処理が始まりました。もちろん大工さんの家具工事も同時進行中...

    07021
    07022
    07023
    07024
    07025
    07026

ボードの継ぎ目や出隅、ビス位置などにパテ処理をして、その後ぺーぱー掛けして平滑に仕上げて紙貼りするという工程です..

    07027
    07028
    07029
外部の給排水の配管や浄化槽の設置も進んでいます...

    070210
    070211
    070212
    070213

隣接する果樹園の苗木も大きくなってきたようです..

今月中には壁と天井の内装が仕上がる予定。白と黒の空間が見られるようになりますので楽しみですね...

ハタと..

ハタとビスケット...

浴室のヒノキ板張りを終えた大工さんは家具工事に入りました。大きな机に天井までの本棚..箱階段や洋服タンス..収納棚にオーディオラックとつくるものはたくさん...

今日は 「ハタ」 と 「ビスケット」 をご紹介。

    070214
浴室の壁と天井のヒノキ板が張り上がりました..

    070215
    070219
    070220
これがビスケットジョイナーという工具..

    070217
こんな感じで、合わせる板の両側にスリットをあけます..

    070216
    070218
これが木製チップのビスケット..

    070221
ボンドと共にスリットにはめ込みます..

    070222
    070223
2枚の板を合わせると広い机の出来上がり..

上の写真の2枚の板を挟み込んでいるのが ハタ 。 旗金 とか 締めハタ とも呼ばれています。このハタでぐっと締め付けて2枚の板をはぎ合わせます...

この時期は木工ボンドの乾きも早く、30分程度で接着可能だそうです。こんな感じで広幅の板をつくりながら家具工事が進んでいきます...

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »