« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月に作成された記事

つづき..

続きを...

今回、壁をエコフリース(紙クロス)を貼ってシックイ仕上げとします。 エコフリースを始めて使うので漆喰との相性をみるために試し塗りをしました。

    06299
白く見えるところが エコフリース を貼ったところ..

    062910
    062911
一回目の下塗り... その後水引具合を見て上塗りへ

    062912
    062913
その間に道具のお手入れを...

    062914
    062915
いつ見ても心躍らされるコテ達...

    062916
    062917
    062918
仕上がり具合は...

ここまではなんとなく大丈夫そうな気がしますが、乾くのを待ってエコフリースとの相性を確認することになります。

いいのやの家もいよいよ仕上げ工事に突入です...

大工さん..

大工さんが帰ってきました...

大工さんが戻ってまたにぎやかな現場になりました。今日は石張りの終わった浴室の板張りをはじめたもよう...

古色の塗装から仕上げの荏油も塗られて木部が黒くなりました。
壁はエコフリース(紙クロス)を貼ってシックイ仕上げになります。今日は、エコフリースを始めて使うので漆喰との相性をみるために、試し塗りをしてみました...

    06291

    06292
    06293
    06294
    06295

まずはお風呂の壁と天井のヒノキ板張りをやってます.. このあとは 家具つくり が待ってます。

    06296
    06297
    06298

白木だった木部は、古色の塗装がされ、荏油で仕上げられ、とってもいい雰囲気になってきました...

この後は、天井はエコフリースの仕上げされたものを貼ります。壁はエコフリースの無塗装のものを貼り、漆喰で仕上げます。 白と黒の空間が出来上がることになります...

この続きはまたあとで

大きな窓..

大きな窓と向かい合うキッチン...

キッチンが取り付きました。
朝日の差し込む台所.. 果樹園を眺めながらのお料理.. 大きな窓のあるキッチンって憧れじゃないですか。

そして梅雨の一日、田植えの終わった田んぼの景色と雨落ちをながめながら、遠くの雨音聴きながらぼ~っとするのも悪くない...

    06141

    06142
    06143

    06144
    06145

大工さんが一時離れた現場には塗装屋さんが入りました。古色塗装します... 
白木が見えているのもあとわずか。なんだかお名残惜しい..と心の片隅に。

    06146
    06147
    06148

    061411
    061410
    06149

浴室の石張りも進んでいます。防水層の黒く見えている壁と天井はヒノキの板張り...
来週から大工さんが戻ってくるとのことですので、石と板のお風呂場もうすぐみられます。

古色に仕上がった様子もお楽しみに...

天竜杉..

杉で住まいをつくる...

私たちの暮らす地域には、人工の日本三大美林の天竜杉がありますね。天竜美林は江戸時代から人工造林され、明治時代に金原明善の治水事業として植林が行われ現在に至ります。

建築材料として使うのが目的だったようで、材種は杉が7割、桧が3割ということです。成長が杉の方が圧倒的に早いので、生産性の面からこんな割合になったようです...

天竜杉は節が少なくまっすぐ伸びていて、赤味があるため水や白蟻に強いというのが特徴ですね。

私が杉を使い始めたのは15年ほど前になるでしょうか。新月伐採(現在では月齢伐採)と出会ったころです。新月伐採というのは、新月を過ぎ満月までの月の満ちてゆく期間の伐採をしないというものです。
「昔から月の満ち欠けによって地球そして生物はその影響を受けて今日に至ってきました、潮の満ち干き、人の出産やサンゴの産卵など...
そして、月は木にも関係しているのです。
木は月のリズムによってその生命活動を変化させており、最適な時期に伐採をすると、デンプン質が少なく、腐りにくい、カビにくい、狂いにくいといった特徴が得られ、色つやの良い、丈夫で良質な木材になります。実際、国宝「法隆寺」は月齢伐採の木で建造されたという言い伝えもあるとか...
実際に新月を過ぎ満月までの月の満ちよう期間の伐採をやめた結果、虫害や腐りが少なくなったと感じられたそうです。(天竜T.S.ドライシステムより)」 これが杉の家をつくるきっかけだったような気がします。

ところで杉にどんなイメージをお持ちですか? その昔、貴族の住まいや社寺は桧で、庶民の住まいは杉で...とそんなことから、杉は安普請とか弱いなどというイメージがついてしまったのかもしれませんね。桧の無節材から上小節、小節そして杉へ..そんなイメージといったところでしょうか。実は私も最初に杉を使ったときは、構造材のコストを考え、杉の特一等材を使ったような記憶があります。表面の節の有り無しで木材の価格は変わります。でも節があっても曲げ強さはそれほど変わらなかったり、中心部の年輪の幅についても極端な場合を除いてあまり影響はないともいわれています。

でも杉は、木目がやさしく、やわらかく、加工しやすい。赤味が多く粘り強く、水にも強く長持ちする。そして断熱性と調湿作用が他と比べて大きいというすばらしい長所があります。強度についても、桧と比べると少し弱いなどともいわれていますが、先ほども言いましたが天竜の杉は赤味がつよく強度(ねばり)があります。ヤング係数(曲げの強さ)が桧と同等の杉が多いんです...ただし、強度のばらつきが多いところがありますので、特に大きな力の掛かる材の選択には注意が必要なところはあります。
また、葉枯らしすることで、辺材と心材の水分がほぼ同じとなり全体が均質化します。このことで製材品の反りや曲がりが少なくなり、材の色艶がとても良くなります。

そんな地元の杉を使うことは、成長過程の気候風土とがあっていることや、微生物や細菌などにも免疫があることから木が長持ちすることにもつながります。

そんな天竜杉は、建物の長寿命や、室内環境を考えた場合には優れた性能を発揮してくれます。木の家を考えるとき 「天竜杉」 とうまくつきあってみませんか。

1/f 特性2..

ヒトの体内時計...

身体のほとんど全ての細胞の中に時計が仕組まれていて、染色体の中に6種類の時計遺伝子があって、それらが互いにバランスを取りながら体内リズムをつくり出しているそうです。

地球上のすべての生物は生体リズムを刻む時計を体内にもっていて、その時計に従って生命を維持している...ということはこの時計が狂ったら生命にとっては大変な危機になるということです。

生物の生体リズムは、人や動物、鳥や昆虫、植物や細菌はみんな同じリズムなんだそうです。そしてこのリズムの元になっているのが 「サーカディアンリズム」 日本語では 「概日(がいじつ)リズム」。これは太陽の動きを基準としたもので、地球の自転周期の24時間と公転周期365日に一致している。これはヒトの誕生から現在まで、ず~っと地球上では昼夜のの同じリズムがくり返されているのですから、一日のリズムや一年の季節のリズムがヒトの遺伝子に組み込まれていて当然ということになりますね...

この体内時計が司る様々な生体リズムも、そのすべてが 1/f 特性 でゆらいでいます。私たちの身体のリズムは、1/f 特性 をもつことで、さまざまなことに臨機応変に対応することができています。1/f 特性 のゆらぎは生命体の本質ということになりますね。

でも私たち現代人はそのことを意識できずに、自然のリズムを無視したことで起こる生体の不調を、人工的な化学物質いわゆる薬の力でごまかしているのが現状ではないでしょうか。なんだか無駄な努力に感じませんか...

朝規則正しく起きて朝日を浴びる..又は朝日を浴びて起き活力をもらう、夕日を浴びて身体を休息モードにしてくれる、そしてエアコンのように自然のリズムを無視する設備に頼ることのない住まい。自然のリズムを失っている社会生活でストレスを受けた体を本来のリズムに戻す場所..そんな住まいでありたいと思っています。

住まいには、1/f 特性 のゆらぎのある暮らしができるオペレーションが必要です。窓の開け閉めなど住まい手がひと手間掛ける必要はありますが、そのひと手間掛けて生活することが楽しく感じられる住まいづくり..オペレーションづくり..を大切にしましょう。

引用:ヒトの健康寿命を延ばす1/f の共生デザイン/落合俊也 より

1/f 特性..

1/f 特性ってご存知ですか...

私たちの身の回りには、規則正しく動いているものと、不規則に動いているものがあります。規則正しい動きは人工的になもので、電気エネルギーを使っているものはほとんど規則正しい動きがベースです。それに対して自然の動きは不規則なものだと思っていますよね。

この不規則には、「ただの不規則」 と 「調和のとれた不規則」 があるそうです。実は生命現象や自然現象の変動は、単なる不規則なリズムではなく、調和のとれたリズムで、その根底にはある数学的法則があるとされていて、それが 「1/f 特性」 といわれるものだそうです。

この 「1/f 特性」 が私たち人間が ”心地良い” と感じる共通の原理だということです。

「星のまばたき」 「炎の動き」 「風のうごき」 「木の年輪や木目」 「職人さんの手仕事」 そして 「ヒトの体内時計」 も 1/f 特性 をもっているようです。星のまばたきや風のうごきなどはなんとなく理解できますよねぇ...でも、木の木目や手仕事にも 1/f 特性 のゆらぎがあったんですね。

大工さんの手仕事では、手ノコで切ったりカンナで仕上げた面にはこの”ゆらぎ”があり、電ノコや電気カンナでの仕上げ面では出ないそうです。左官さんが仕上げた壁も分析してみると、この”ゆらぎ”が出ているそうで、素人の塗った壁ではこの 「1/f 特性」 はないそうです。なんだか残念ですが...

現代の生活では、身の回りには電気で動くものでいっぱいです。人工的な電磁波にかこまれた生活の中に、心地良いと感じるゆらぎ特性をつくり出すことで、人工的なリズムが打ち消され、自然のリズムあふれる住環境になればと、そんな思いから 「木の家」 を 「手仕事でつくる」 ことをおすすめします。

「ヒトの体内時計」 についてはまた次に...

引用:ヒトの健康寿命を延ばす1/f の共生デザイン/落合俊也 より

浴室とキッチン..

その後の現場では...

足場が外れたその後の現場では、大工さんの工事がひと段落し、浴室の板張りと家具を残して一時現場を離れることに... 今日はシステムキッチンの取り付けがおこなわれて、浴室では浴槽が据え付けられています。

    06121
    06122
    06123

丸窓のすす竹も付きました。今回はサッシの框を隠そうということで、内法材や壁材をふかしています... 客間のサッシは丸窓にして中央召し合わせの框は、一輪挿しのあるすす竹で隠そうというこんたん。でも中央からのみね...

    06124
    06125
    06126

家具屋さんの食器棚とあわせてキッチンが並びます。今回は建て主さんご希望のタカラのシステムキッチン.. 何年かぶりのホーローキッチン、ちょっと楽しみ...

    06127
    06128
    06129
    061210

お風呂は石張りと桧張り。 浴槽はちょっと大きめに... 湯船からフロ庭のながめてのんびりと..って具合に。

来週からは、木部の古色塗装が始まるよう.. 

いいのやの家、ていねいに..ていねいに..進行中です。

そらどまの家完成現場見学会..

そらどまの家完成現場見学会2018.6.1~4...

そらどまの家完成現場見学会を開催中。 6月1日金曜日から4日月曜日 10:00~16:00 ありたま南町の家 にて完成現場見学会をやってます。

    06021
    06024

    06023
    06022

1日と4日は関係者向けとしてご案内していますが、「週末土日は都合がつかないんだけど...」 とお問い合わせいただきましたが、大丈夫です。

関係者向けの日でも見学会内容に変わりありませんので、どうぞお越しください。
お待ちしております...

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »