« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月に作成された記事

完了検査..

完了検査を...

役所の完了検査を受けました。昨年8月から第一期工事の事務所&作業場を始め、10月から第二期工事の住宅に取り掛かっていた ありたま南町の家 はひとまず役所の完了検査を受けるところまでやってきました。

    04261
    04262
    04263

    04264
    04265
    04266
    04267
    04268

そらどま換気システムの運転テストも実施... 

太陽光発電も開始し、そのパネルの下から給気するそらどま換気システムも運転を開始しました。 しばらくは、冬モードで試運転です...

ゴールデンウィーク開けからは、第三期工事や外構工事が始まります。月末には見学会など予定していますのでお楽しみに...

ケヤキの床板..

その後の現場では...

そとん壁が仕上がったところで、続いて漆喰が塗られています。漆喰は、車寄せ東屋と玄関廻りの壁を仕上げます..

室内の方では、天井が片付き床板が張られてきました。今回はケヤキの床板を張っています.. そのあたりを少々

    04184
    04185
    04186
    04187
今回は、そとん壁の下塗り材の上に漆喰を仕上げています..

    04188
    04189
    041810
張っているのは、ケヤキの床板.. 緑色の板は、床板同士を空かせるためのスペーサー。 湿気と乾燥による床板の伸縮に対応するため(湿気を吸い込み床板が膨らむと、床板同士が押し合い、床板がむくり上がるのを防ぐため)...

    041811
そらどま換気システムとパッシブエアコンの吹き出し口も付きました...

    041812
    041813
客間の腰板の木配り.. 
大工さんがあれやこれや..あっちにもっていき..こっちと入れ替えたり..と、杉板を並べて仕上がり具合を確認。ここから切り落としと目地板部分を加工して、張り上げていきます..

と、こんな感じていいのやの家進んでいます。

塗装の施工指南もなんとかクリアし、外部の仕上げももうひと息で、樋が掛かるのもまもなくです...

太陽熱温水器..

その後の現場では...

太陽熱温水器がお引っ越し。旧家の屋根から地上に降りていた温水器が新しい屋根に取り付きました。

お家の中の方では、たたみの寸法取りがおこなわれ、住設器機が運び込まれています。

    04131
    04132 またこの位置に戻ってきました..

    04133
    04134 少し寸法が変形だから...

    04135
    04136 設備器機が搬入...

    04137
    04138 親世帯のL型キッチン...

明日は子世帯の Ⅱ型のキッチン が設置され、引き続きトイレや洗面の設備器機が取り付けされていきます...

月末の完了検査に向け進行中です。

仕上がり..

仕上がり具合を...

水引具合を確認しながら(夏場だと1~2時間程度、冬場だと2~3時間)、剣山のような掻き落とし道具で、丸くまわすように表面をこすりながら掻き落としていき、最後に六条刷毛で表面をきれいにして完成。

    04061

    04062
    04064
    04063

    04065

と、ご紹介しました 「そとん壁」 の掻き落としの仕上がり具合です。

そとん壁の続き..

続きを...

そとん壁仕上げの続きをもう少し...

    04039 軒裏..
    040310
    040311 出隅コーナー..
    040312
    040313
    040314 土台見切り..

    040315 掻き落とし前の仕上がり..

    040316
    040317
    040318
    040319
    040320

水引具合を確認しながら(夏場だと1~2時間程度、冬場だと2~3時間)、剣山のような掻き落とし道具で、丸くまわすように表面をこすりながら掻き落としていきます。

最後に六条刷毛で表面をきれいにして完成です...

その後..

内装工事その後...

珪藻土の壁紙が貼り終わり、現場に家具と建具が運び込まれてきました。 

    04041
    04042
    04043
    04044
    04045

内装屋さんが言うには、珪藻土の壁紙はちょっぴり貼りにくい..とのことでしたが、すごくきれいに納めて..仕上げて..くれました。 
透湿・調湿したりする材料は、施工性には難有りのことが多く、施工後も多少のくるいなども出るのですが、そのあたりは気持ちの良さ..快適性..で相殺しましょう...

    04047
ポカポカ暖っかいこんな日はデッキでのんびり.. 毛布敷いてお昼寝したくなっちゃうね。 あっ、この毛布は養生用のですけど...

    04046
    04078
    04049
    040410

今日は、家具と建具は現場に運び込まれました。 

すっぴんだったひと月前から、だんだんお化粧されてきれいになっていく様子も楽しいですね... 来週は設備器機も取り付くようですので、またちがった雰囲気を味わえることに。

そとん壁..

外壁の仕上げを...

そとん壁の工事が始まりました。今回の仕上げ材は 「スーパー白州そとん壁W」 ...

    04031
    04032
    04033
ミキサーで練られ現場に運ばれます...

    04034
    04035
    04036
シラスは通常のリシンよりも付きが悪く塗るのには手間が掛かるようですね...

    04037
    04038
上の写真の中央から左側が下塗りの状態で、右側が上塗りを塗ったばかりの状態..

今日は左官さん6人で一気に塗り上げていくもよう...
これから少し時間をおき、乾き具合をみながら表面を掻き落としていきます。

・   

続きを読む "そとん壁.." »

木使い..

大工さんのきづかい...

外壁にヒノキの付け柱と付け土台を取り付けています。 今回は、そとん壁の下塗りの上に取り付けます...

    03301
    03302

    03303
ヒノキの隅木に空いた無数の穴は何だろう...

    03304
    03305
専用の道具でつくられる ダボ .. 付け柱と土台を留めるには、ボンドとビスを使います。そのビス留めの際、ビスを隠すために埋木をします。それが 「ダボ」 。

    03306
    03307

もちろん製品のダボがありますが、今回古色塗装をしますので、ダボの端口が見えていると塗料の吸い込みが違い色むらが出てしまいます...

そこで共材のヒノキの隅木からダボを掘り出す..このことでダボの表面が板目になりますので、表面の仕上がりが同じになりますね。これでしたら塗料の吸い込みも同じになり、色むらが出来にくくなります。

そんな大工さんの木使い.. やさしい気遣いが嬉しいですね...

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »