« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月に作成された記事

今日の景色..

今日の現場は...

今日はそらどま換気システムのダクト工事がはじまり、断熱材セルロースファイバーのシート張りがはじまり、外廻りでは塗り壁下地の木摺り張りが終わり、そんな今日の様子を少しだけ..

    01301
    01302
    01303
    01304
木摺りが張られ大工さんの外部の工事は一段落...

    01305
    01307
    01306
外壁の二重通気です..

    01308
    
01309
    013010
そらどま換気システムのダクト工事。見えてるのは屋根面集熱層からの取り入れダクト...

    013011
    013012
    013014
断熱材セルロースファイバーのシート張り...

大工さん、外部がまとまりやれやれというところです。最近寒かったから大変でした..
これから室内に入り、天井下地や内法材の加工を進めていくことになります。

今日はそらどま換気システムのダクト工事のお手伝いをしてまいりましたが、パッシブエアコンのダクトや給排水の配管とからまりあって、なんだか「設備」って感じ..

気持ちが良いか?って聞かれたら ”ん~っ” ってところですが、これもこの時代の現実で快適のためには仕方ないのかも...

ありたま南町の家 その後..

その後の現場では...

気密測定を終えた現場では、屋根工事ももうひと息のところまでやってきました。太陽光パネルもまもなくです...

室内では、大工さんが天井と壁の下地に取り組み中。少しずつですが室内の雰囲気がわかるようになってきています..

    01251
    01252
    01253
    01254

今日は今期いちばんの冷え込み。 畑の水たまりもしっかり凍り付いて...

    01255
    01256

    01257
    01258
    01259

軒の深い玄関ポーチ.. ブルーシートところがポリカーボネイトになります。 ポーチ天井は格子を組み、その上の天窓から光がもれるように...

    012510
    012511

寒~い外とは別世界の室内。南面は大きな開口が並んですごく明るく、吹抜の窓からも太陽の恵みが降り注いで、お家の中はぽっかぽかです。

間仕切り壁や天井の下地が組まれてくると、雰囲気がわかりやすくなりますね.. 建て主さんもやっと 「そういうことね。 こうなるのね..」 ってところでしょうか...

ブラインドシャッター..

夏の日射遮蔽に...

いいのやの家、車寄せ東屋が建ちました。2.5間角のかぼちゃ束の方形架構が綺麗にふたつ並んでます。母屋ではブラインドシャッターも取り付きました..

    01241
    
01242
    01243_2
アルミ遮熱シートは張りました..

    01244
    01246

 01245

    012410
車寄せ東屋は化粧野地表しで、架構がきれいに見えています...

    01247
    01248
夏の日射遮蔽のためのブラインドシャッター... こちらは、オイレスECOのブリイユ

    01249
    012411
母屋の屋根は換気棟を取り付け中.. 残るは、方形屋根の棟の丸瓦をのせれば完成です。

今日は、方形屋根の棟通気部を屋根の上にて打合せ。 雪がちらつくとてつもない寒さに完敗..

車寄せ東屋の建て方..

明日は 車寄せ東屋 の建て方...

車寄せ東屋の建て方を明日おこなうようです。今日は、束石を据え柱脚金物をセットして、柱を起こしました。はじめて使う柱脚金物ということで、明日朝から手間取ってはいけないので先行したようです...

    01181
    01182

    01183
    01184
    01185
束石を据え付けて、柱脚金物をセットする..

    01186
    01187
柱を柱脚金物に落とし込んで..

    01188
    01189
所定の金物で締め付けて、柱はしっかりと自立します...

    011810

    011811
    011812
アルミ遮熱シートが張られ、通気胴縁が配われ、木摺りが張られてきました..

    011813
    011814
パッシブエアコンの床下ダクト..
今日は、パッシブエアコンの床下ダクトの工事もおこなわれました。つづいてそらどま換気システムのダクト工事も予定されています...

さて明日は 車寄せ東屋 の建て方です。以前作業場で仮組みされた、2.5間角のかぼちゃ束の方形架構がならぶ木組みが見られます。楽しみです...

遮熱シート..

アルミ遮熱シートを張る...

その後の現場では、配管工事もはじまりました。今日からは大工さんも増えアルミ遮熱シートが張られています。

    01161
    01162
    01163

    01164
屋根の工事もあとひと息のところまでこぎつけました...

    01167
    01166
   
 01165
ガス配管、給排水給湯配管が始まってます。  引き続きこれから電気配線、そらどま換気ダクト工事、パッシブエアコンの工事も続きます...

    01168
    01169
    011610
今日からは応援の大工さんも加わり、アルミ遮熱シートが張られています...

    011611
    011612
    011613

屋根ももうひと息.. 外部の下地ももうひと息.. といったの現場です。

今週は、別棟の 車寄せ東屋 も建て方をやります。こちらも、2.5間角のかぼちゃ束方形架構がふたつ並びます。たのしみです...

おまけ..

続きを読む "遮熱シート.." »

気密測定..

気密測定を実施...

可変気密シート張りが完了したところで、気密測定をやってみました。さてどんな結果がまっているでしょうか...

    015001

    
    015002
    015003

測定結果を見ながら気密がとれているかを確認する。想定する数値に到達しないとなると、漏気している部分をつきとめるために家中をくまなくめぐる...

    015007
    015006

しばらくこの空間にいると、だんだん微妙な空気の動きが感じ取れるようになる。人間の感覚というのはなんとすばらしいものか...
すると、漏気箇所が見えてくる。つきとめたところは、テープやウレタンで密閉する..

    015004
    015005

そんな作業をしばらくくり返すことに..

    015008

今回の現場では、建物納まりの関係上、電線や冷媒管など多くの管がシートを貫通していることや気密シートの張りやすさなどもあり、実はあまり高い数値を期待していなかった小生。でもシートを張っていただいた小松さんの心中は、C値=1を下まわることを目標に...

シート張り後に冷媒管や給湯給水配管を貫通させるなど、諸条件にプラスして悪条件が重なってしまったんですが、ものすごく丁寧に施工していただきました。

おかげさまで C値は1.3 という結果になりました。
まずまず良いんじゃないでしょうか。 お疲れさまでした...

屋根工事..

屋根工事のはじまり...

待ちに待った屋根工事が本格的に始まったようです。室内の気密シート張りも終わり、天井や壁の下地が始まった現場では、屋根の工事がほんとうに待ち遠しかった...

    01151
    01152

    01157
    01158

    01159
    011510
    011511

    01153
    01154
    01155
    01156

下屋の面積が大きく、重なり合った屋根形状ですのですこし時間がかかるようですが、はさみを駆使して丁寧に仕上げてくれています。とは言うものの、建て主さんの本業ですから当然ということですね...

これでやっとひと安心できますし、とまっていた大工さんの工事もまもなく再開できることになりまそうですね。

今日は、気密測定もおこなわれました。そのようすは後ほどに...

いいのやの家2018年..

もちろん、いいのやの家も動き出しています...

中間検査を終え、サッシが取り付き、下地のボードが張られて年越しした現場では、障子が入り、基礎断熱の工事が始まりました。

    01091_2
    01092_2

    01093_2
    01094_2

    01095_2
    01096

来週からは、配線・配管工事も始まるとこのと... にぎやかな現場になりそうです。

今年もかわらずよろしくお願いします。

2018年ありたま南町の家..

現場も動き出しています...

外部の木工事も一段落して、内装の下地工事が始まります...

    01091
    01092
    01093

    01094
    01095

可変気密シート張りもあとひと息... 来週には気密測定をおこないます。

今年もよろしくお願いします。

今年も..

2018年もスタートしました...

   2018

今年もよろしくお願いします。

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »