« 停電.. | トップページ | 朝.. »

茅葺きから瓦葺きへ..

本屋根は ”本葺一体瓦” 葺き...

固められた軸組の上にいよいよ瓦が葺かれます。今回の瓦は淡路のいぶし瓦... 下屋の瓦は一般的な日本瓦、本屋根は ”本葺一体瓦” といって平瓦と素丸を組み合わせて葺き上げるかたちのもの... 

   Dscn5593 Dscn5609

   Dscn5614_2 Dscn5646

本屋根は、茅葺きから本葺き一体瓦のむくり屋根となります。 むくり屋根ってのは屋根面が少し凸状態になってるというもの... お寺の屋根なんかは ”てり屋根” といって反った屋根ですね。むくり屋根はその逆ってことです。

   Dscn5749 Dscn5703

       Dscn5704 Dscn5712

本葺き一体瓦といって 平瓦と素丸 が一体につくられたものです。 施工性や耐久性に優れていますね...

       Dscn5773 Dscn5803

       Dscn5809

以前の茅葺き屋根は 本葺き一体瓦のむくり屋根 に姿を変えました。 ひと月ほどの屋根工事でした... 昔のような屋根の高さはなくなりましたが、重厚感と優しさの感じられる姿になったような気がします。

屋根下では 土壁の準備が始まっています... 竹小舞掻きそして荒壁土付けと現場は進んでいきます。

« 停電.. | トップページ | 朝.. »

古民家再生物語り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 停電.. | トップページ | 朝.. »