« 耐震補強.. | トップページ | 寝姿.. »

洪積粘土層..

赤土は2万年前の洪積粘土層..

地盤調査のために... 現場の地層は三方原台地ということで 礫混じりの赤土層で良好な地層 と予測通り.. 調査方法は恒例のスウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)

   02181 02182 ロッドを回転させながら..

      02183 02184 貫入して測定する..

      02185 02186 ロッドの先端からの土..

ロッド先端からの土は、ご存知の通り三方原台地の赤土.. 三方原台地は洪積台地と呼ばれていて、上層部には水をよく通す礫を含んだ赤土層が堆積している。その下には水を通さない青粘土層が堆積。台地の上に降った雨は地中に吸われ、青粘土層の上に蓄えられ、それが横に移動していって台地の斜面から湧き出す.. という構造のようですね。 

この赤土は洪積粘土などとも呼ばれ今から2万年も前に堆積されてできた土みたいです。 みなさんご存知の 赤土 もそんな生い立ちの中現在に至ってるんですね。そんな台地、そしてこの土地に 感謝 ですね...

 

« 耐震補強.. | トップページ | 寝姿.. »

やまぼうしの家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 耐震補強.. | トップページ | 寝姿.. »