« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月に作成された記事

鴨居に敷居..その後

鴨居と敷居が取り付くだけでもなんとなく部屋らしく見えてくる..

そんなふうにお話ししてから早一週間.. ほとんどの内法材(鴨居や敷居)が取り付き、今日は床材も運び込まれて来た模様。

      02232

    02233_2 02234_2

写真上は 中庭を望む居間と畳縁から和室あたり.. 下左は 居間から吹抜のあるダイニング.. 下右は 西庭を眺めるように設けた低い位置のコーナー窓のある和室..

次回には部屋の雰囲気がわかるようになるかもね...

寝姿..

いつものごとく くわえたまま眠るポロン...

    201002221_2

    201002222今日は”シロクマ”..

他には  ペンギンさんと子馬くん がお気に入りのよう...  

ちょっとやそっとでは目を覚ましようもない気配。 番犬にならず...

洪積粘土層..

赤土は2万年前の洪積粘土層..

地盤調査のために... 現場の地層は三方原台地ということで 礫混じりの赤土層で良好な地層 と予測通り.. 調査方法は恒例のスウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)

   02181 02182 ロッドを回転させながら..

      02183 02184 貫入して測定する..

      02185 02186 ロッドの先端からの土..

ロッド先端からの土は、ご存知の通り三方原台地の赤土.. 三方原台地は洪積台地と呼ばれていて、上層部には水をよく通す礫を含んだ赤土層が堆積している。その下には水を通さない青粘土層が堆積。台地の上に降った雨は地中に吸われ、青粘土層の上に蓄えられ、それが横に移動していって台地の斜面から湧き出す.. という構造のようですね。 

この赤土は洪積粘土などとも呼ばれ今から2万年も前に堆積されてできた土みたいです。 みなさんご存知の 赤土 もそんな生い立ちの中現在に至ってるんですね。そんな台地、そしてこの土地に 感謝 ですね...

 

耐震補強..

築35年ほどの町家の耐震補強工事..

今回は既存の耐力壁が簡単に崩壊しないように... という計画で柱と横架材(梁)や筋違いと柱梁が離れてしまわないようにしようという工事。 そのあたりの工程を少しだけ...

   02171①今回は押入部分にて補強を..

   02172②仕上げ材を外し..

   02173③補強金物を取り付け..

   02174④構造用合板を張り..

   02175

   02176⑤元の姿に復旧する..

..というところが一通りの工程になります。 ③の金物で柱と梁土台が離れないようにします(筋違いに力が掛かったとき離れてしまわないために) その上で④の合板を張り、柱と梁土台そして筋違いが離れない架構とします。 この工程を数カ所繰り返すことになります。

改修範囲を出来るだけ少なく考えながらの工事になるから、施工も大変なところもありますねぇ.. 耐震補強計画の難しいところのひとつでもありますね。 耐震強度設計や施工計画そして工事金額の計画などなど耐震補強計画は難しい...

鴨居に敷居..

作業場で加工された造作材が現場に取り付け..

加工された造作材(鴨居や敷居..)が取り付けられてきました。 間仕切りの.. サッシ内側の障子の.. そんな箇所の鴨居と敷居がはまる。 それだけでもなんとなく部屋らしくみえてくる.. 家の門構えみたいなもんだからね、そう感じるのかも。

   02161 幅合わせされて..

   02162 取り付けられた敷居..

ここの建具も柱の室内側を交差して走ることに... 交差部の溝をこのあと彫ることになります。 壁の中にしまいこんだり、ふたつの開口部をひとつの建具を併用させる...なんてことをやるとこんな納まりになってくることもしばしば... でも有効な使い方になりますね。

しだれ梅..

掛川の龍尾神社にある花庭園のしだれ梅...

神社は昔から知っていたんですが、こんな庭園があるってことは知らなかった... 全長500m程の庭園路のまわりには梅の木がいっぱい.. 立ち寄った時はまだ4分咲きって感じでしたから、これが満開となれば見事なお庭ですよぉ。 

  02141 02142 02143

             02144 02148

  02145 02146 02147

月末から来月初旬が見頃かなぁ.. その頃 ”もう一度花見に行こうかなぁ” って思えるほどです。 機会があったらぜひに...

悪魔の腰..

こッ 腰が...

いくらかの期間をおいてやってくる ”腰痛” がまた..  腰の筋肉の肉離れらしいが まったく前方に倒れない身体に手をやいている状態。 朝から休んでいたため ちょっと様子が良さそうなので座ってみたが残念... もうちょっと休養が必要のようです..涙

 

鎮め物..

地鎮祭に..

昨日までの雨もすっかり上がり 気持ちの良い青空の下 ほんざわいの家の地鎮祭に参列させていただきました。 いよいよ工事が始まります..  そこでその土地の氏神様を祝い鎮め土地を使わせていただくことを了承してもらい、これから始まる工事の安全を祈るのが 地鎮祭 ですねぇ。 地鎮祭の流れは以前に http://minka.air-nifty.com/blog/2009/11/post-f83e.html 紹介しましたので... 今日は鎮め物を

    02131

    02132

建物が末永く使える事を祈り、基礎の下に色々な宝物を埋めるってのが 鎮め物(しずめもの) とか 鎮壇具(ちんだんぐ) と呼ばれ、建物の中央部分に埋め込まれますね。 宝物というのはその昔、五穀、五色玉、金、銀、珊瑚、ルリ、琥珀、メノウ、貨幣、鏡、剣、人型、などだったそうです。また、それを収める箱なども丁寧な細工を施したものが使われていたようですね...

その中の 人型 ってのは、昔大きな建物を建てる際に、人柱が奉納されて これによって工事が無事に運んだんだって... その人柱ってのは ”いけにえ” のことみたい。 そんな時代もあったなんてびっくりですよねぇ...

プランニング..

工事予算のプラン...

最初のプランニングの提示から次のステップに向かう... 工事予算を考えながらの基本計画の作業。 もちろん最初のプラン時点で予想はたてるのですが、実際の希望予算とのすりあわせがちょっぴりたいへん..

   0212 概算に必要な図面を..

いつものことなんですが 厳しい予算にどう創り上げていくのかってのに頭を悩ませる.. 開放的な間取りを建具で仕切る.. 温熱環境を作り出すための建具や庇.. 木づくりされた住まい.. 加えて地球環境のための設備 などなど 取り外せないことばかり。 その中からどう選択していき、希望の予算に近づけようか... 建て主さんの想いそして私たちの考える住まいを現実にするために 

...こんな感じで 基本計画から概算予算見積りへと進んでいきます。 この時点ではだいたい予算+10%くらいってところかなぁ.. 結果的には

またそこからいろんな面から検討することに...  

そんなのも設計の楽しみのひとつかなぁ

・   

 

T.S.DRY材..

造作材加工の打合せに..

造作材はもちろん天竜杉で.. 今回はTSDRYから仕入れた材料。 しっかり自然乾燥され保管されていた材料は、色つや共に申し分ありません... 加工の方ももうひと息のよう。 今回も建具が交差したり、壁に仕舞われたりと納まりとにらめっこで、ちょっぴり大変みたい。 図面では センチ で寸法が書かれているんで差し金も 寸とセンチ の両刀使いで加工中...

    02091 02092

現場では、カモイと敷居を入れながらサッシの取り付け.. そして外壁下地のシート張り.. そんな感じで進んでます。 今日は床の断熱材を入れながら敷居を入れる準備中...

   02093 02094

   02095 02096 

最近 小窓 を使うことがしばしば... 寝室や隣接するクロークなどの吸換気と飾り棚と合わせて小さい絵画のように、 そして外壁妻壁のアクセントに、 ちょこっとかわいくって感じで...

もう少し足場がよくなったら見学会でも.. な~んておもってます。 吹抜の使い方とか開口部の取り方.. 木材の使いよう見せ方.. なんかを見てもらおうかと思ってますのでまたご案内しますね。

香り..

私の事務所は茶香炉...

一月は松、二月は梅、三月は桜.. とお香を楽しむのも楽しいかも。 うちの事務所はお茶の香りが多いですねぇ.. 木の香りともうまくマッチして良い感じです。 香炉灰もいらないから取り扱いも簡単で良いですよ... 

    0207

一度お試しあれ..  茶の香りを...

体力強化..

パソコンのメモリーを増設..

先日えらい目を見てテータの移動をしたパソコンに、今回強力な助っ人を追加... メモリーとやらを2ギガ増設しました。 これでまたしばらくは快適な環境でお仕事が出来そうです.. 

    02042 パソコン体内...

    02043 取り替えられたメモリー..

最近はソフトの容量も大きくなり、加えて写真などのデーター量も莫大なんですよねぇ。 あっという間に満杯状態がやってくる... そうそうバックアップ用にハードディスクも設置。 1テラあるんだって容量が... なんだかよく単位がわかんないなんだけどね。

立春..

立春..今日から春です。と言っても寒い...

昨日は節分.. 豆まきしましたぁ? 我が家でも恒例行事ということで豆まきを.. 子供っちがいる時は大きな声で... でも最近はかわいく 「鬼は外」 「福は内」 とちっちゃな声で...

    0204

今朝は 豆を求めて我が家のポロちゃんが家のまわりを クンクン.. ポリポリ.. しながら歩き回ってました。

そうそう、豆まきって昔は季節の変わり目(立春・立夏・立秋・立冬)を節分て呼んで豆まきしてたんだって。もともとは大晦日に行われた「追儺」という鬼払いの宮中行事らしいです... 最終的には、立春が一年の初めって考えられてこの時期になったみたい。 そんなこと聞くのもなんか面白い...

定例の打合せ..

火曜日の午後は定例の打合せ...

主題は浴室の納まりについて.. 監督さんをはじめ、タイル屋さんと水道屋さんとを交え細かな部分の確認をするってところ。 設計図と施工図や承認図と現場の状況とにらめっこをしながら... 徐々に浴室の内容が明らかになってくる。 ”そ~言うことねっ”って感じで職人さんが納得.. あとはまかせて大丈夫。 そうなんです ”そ~言うことね” が結構大切..

    02024浴室に全員集合..

    02023 02022

    02025 02021

大工さんは サッシの取り付けを.. 全ての開口部に障子がはいるから ”取り付け”っていってもわりと大変.. みたいです。 屋根のGL鋼板も進んでます。今回は太陽電池モジュールを設置するため軽量化を考えて GL鋼板縦はぜ葺き を採用...

こんな感じで現場進行中..

    

    

   

   

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ