« 骨董ギャラリーのある古材を活かした民家②.. | トップページ | 刻み..その後 »

木製デッキ..

「あかねさわの家」 の木製デッキです...

   11101 11102_2

   11103 既存建物とのつなぎ役のデッキも完成...

   11104

   11105

   11106

   11107 軒先に吊された柿..

フロ庭の木塀と正面のデッキも完成しました。  いい感じでしょうッ...

室内と外(お庭)をゆるやかにつないでくれる”木製デッキ”...

室内からお庭に向かうまでの半戸外の空間は、あったかい太陽の光やすがすがしい風を感じさせてくれ、室内にはない開放感を与えてくれますね... 

今回の「あかねさわの家」でも、既存とをつなげるようにと... そしてリビングの正面にと大きな掃き出しの窓に面して設置しました。リビング正面のデッキは一段低くしたことで、窓に腰掛けお庭や子供たちの遊ぶ姿をを眺めることができます。

    1111

デッキの廻りに落葉の広葉樹などを植えるようにすれば、雑木の庭が出来上がります... これは街中に建つ住まいでも有効ですね。昔からある ”濡れ縁” を楽しむのもよろしいのでは...

ただ手を掛けてあげないといけないってことはありますね。腐りにくい木を使って防腐の処理をするといっても、永久的にというものはありませんので、デッキの床板などは取り替える手間は必要になりますね。

木製デッキの効果から思えば、そのくらいの手間はどうってことないですよね。

”木製デッキありきの住まい” 良いんじゃないでしょうか...

« 骨董ギャラリーのある古材を活かした民家②.. | トップページ | 刻み..その後 »

あかねさわの家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 骨董ギャラリーのある古材を活かした民家②.. | トップページ | 刻み..その後 »