information.「そらどまの家」 モニター募集しています...

太陽からの輻射熱と地球からの地熱を両手足を精一杯広げて受け取る仕組みが
「そらどまの家」です。

お引っ越し..

お引っ越し...

新ときたま日記...としてお引っ越ししました。

https://minkakobo.co.jp/

これからもよろしくお願いいたします...

民家の工房
大石設計室 大石 智

 

そとん壁..

そとん壁...

外壁のそとん壁の仕上げが始まっています。内装工事の方はひと段落し床の汚れ落としとワックス掛けが行われたもようです..

    02191
    02192
    02193
    02194
    02195
下塗りの上に仕上げ材料を塗っていきます。骨材が大きいので塗り付けは通常より手間が掛かるようです...

    02196
    02197
表面が乾いてきたら掻き落としていきます...

    02198
    02199
    021910

乾き具合を見ながら少しずつ掻き落とし仕上げていきます。今週中にそとん壁も完了し、来週早々に足場が外されるようです。

中頃に完了検査を受けていよいよお引っ越しに...



        

コンクリ打設..

コンクリ打設...

今日は朝一番からコンクリートの打設が行われています。

    02151
    02152
    02153
    02154
    02155
    02156
    02157

お空のご機嫌が悪くなりませんように...



・    

配筋検査..

配筋検査...

空模様もなんとか持ちこたえてくれとこともあり、予定通りに基礎配筋が組み上がりました。今日は保険の配筋検査も合わせて実施しました..

    02141   
    02142
    02143
    02144

いつものようにちょっぴり目線を下げて...

    02145
    02146
    02147
    02148

明日の朝一番でコンクリートを打つとのこと。 日曜日は雨模様のようですが気温が下がりませんように...



内装工事..

内装工事...

室内の大工さんの工事も終わり内装工事が進んでいます。外回りではそとん壁の下地つくりと大工さんが雨戸とデッキつくりを進行中

    02121
    02122
    02123
天井裏はこんな感じに...

    02125
    02124

    02126
    02127

天井裏にはエアコンも取り付きダクトも配管され試運転を待つばかり。

室内の方は来週中頃お掃除が入る予定のよう..外壁のそとん壁も来週には仕上がり足場が外されるようです。



・    

天然採石パイル工法..

天然採石パイル工法...

その後の現場ではさっそく地盤改良工事が始まりました。今回は天然採石パイル工法を採用..

    02061
    02062

まずは所定の位置まで掘り下げていきます..
    02063   
    02064
    02065
    02066
    02067

採石を投入しオーガーで押し込めていきます..
    02068
    02069   
    020610
    020611
    020612
    020613
深度・押込み力・回転トルク..等を確認しながら作業していきます...
そして完了
    020614

砕石パイル工法というのは、小さく砕いた天然石を地面に詰め込んで形成した石柱(パイル)を使い地盤を補強する工法です。 固化材などを一切用いていないにもかかわらず、軟弱地盤にも適応可能で地盤の支持力を高められるのが大きなメリットです。 地震などの揺れにも強く、水はけもよいため、液状化を防ぐ効果も期待できます...というものです。

施工後すぐに基礎工事に入れるというのも利点のひとつ。

というわけで来週から基礎工事が始まるようです..



地鎮祭..

地鎮祭...

今日は立春、大安、一粒万倍日。そんな吉日に地鎮祭を朝一番に..

私が神主さんを代行。

    02041
    02042
    02043
    02044
    02045

華やかに見えている祭壇は大工さんが急遽用意してくれたもの(笑..)。ほんとうはもうちょっとなにかなかったかなぁ...って思ったりもしましたが、これもなんちゃって神主さんの祭式だからご勘弁あれ..

明後日から改良工事が始まります。



 

天井裏へ..

天井裏へ...

毎週月曜日恒例となりました服部家の調査。今回は天井裏に進入してみました..

    01271
    01272
板金屋根軒先の腐食と台風被害の瓦屋根、この中はどんな感じなのでしょうか..?

    01273
    01274
    01275
梁組み母屋組みはすべて平刃のちょうな仕上げの丸太組み。古材が使われているようで以前の仕口もみられます..

    01276
    01277
石置き板葺き屋根のなごりか?

    01278
雪..ようのな雨..のように見えるのは、フラッシュに照らされるチリ...

建物の腐食具合から予想していたよりは小屋裏の状態は良好。すこし胸をなで下ろす結果に...
次は床下を



階段も..

階段も...

R天井のボードも張られたよう...さて出来映えはどんなもんでしょうか?

    01298   
    012910
    01299
ちょうど良いバランスのようです.. 建物の中にアール部分があるとやさしい感じが出て良いですよねぇ...

    012911
    012912
床板も張り始めたもよう.. 今回は小屋裏にエアコンを設置して、床下と空気循環をさせてみようと思っています。左手に見えているのがその床吹き出し口...

    01295
    01296
    01297
既存部分小屋裏への導線の階段もつきました。あまり圧迫感が出ないようにと力桁ストリップ階段にしてみました..
RC部分との下屋や梁組みもあり頭が当たらないようにと高さの心配もありましたが、うまいこと計画通りに取り付きいい感じです...

現場ももうひといきのとこまでやってきました。



    

天井下地..

天井下地...

その後の現場では、外壁の下塗りがはじまり、内部ではR天井の下地が組まれてきました。

    01291
    01293
    01294
    01292 
そとん壁の下地です...

    01221
    01222
折り上げ天井の内部はアールになります。少し天井高さを低くして、アールをゆるめに変更してみましたが仕上がりはいかがになろおうか?..

寝室になりますので、照明器具は調節見えないように配置する計画です。



 

«富士を..